おすすめ給食レシピ・子どもの食の悩みQ&A

子どもたちに大人気の給食レシピの中から食にまつわる記念日にぴったりのレシピを紹介します。毎月の給食の献立作りに、お家でのレシピにご活用ください。

紹介してくれるのは松丸 奨(まつまる すすむ)先生

松丸 奨(まつまる すすむ)先生

プロフィール

東京都文京区
小学校栄養士

1983年千葉県生まれ。華学園栄養専門学校卒業。
第8回全国学校給食甲子園優勝(参加総数2266施設)
第9回同大会準優勝

本の出版

『子どもがすくすく育つ日本一の給食レシピ』

地元野菜の江戸東京野菜をふんだんに使った献立作りと食育に取り組む。子ども達に喜んでもらえるよう、だしや味付け、彩りにこだわって日々給食作りに励んでいる。

《教えて!松丸 奨先生》松丸先生が給食の献立作りで大切にしているおいしさの秘訣をご紹介します。

  • 「うまみ」にこだわる

    煮物やスープにちょっとだけお肉をいれたり、手作りの「だし」を使うと、「うまみ」がアップし、一気に子どもたちが大好きなレシピに大変身します!
    野菜もサッと素揚げしたり、彩り鮮やかに盛ったり。ちょっと手をかけることで子どもたちが喜んで食べてくれるようになるんです。

    「だし」は週末にまとめて作って、冷蔵庫で保存しておくと便利です。
    ※2日程で使い切るようにしてください。

  • 「笑顔」でおいしい

    学校では、なるべくクラスに顔を出して、子どもたちと接するようにしています。
    作っている人の顔を知っていると、松丸先生が悲しむから残さないようにしようと残さずに食べてくれます。作る人も食べる人も笑顔でいるとご飯は格別においしくなります。

    親がおいしそうに食べていると、不思議とお子さまの好き嫌いが減ります。

  • 「参加」をする

    用意されたものをただ食べるだけではなく、自分で作った野菜、自分で切った野菜、お皿を用意するなどちょっとでも行動として関わってほしいと思っています。
    食事にはたくさんの方が手間と愛情をかけて作っていることを知ることで「食べる」ことの大切さを理解します。

    ご飯を作ることに参加をすることで、「食べる」ことの大切さを身をもって実感するようになります。



世界の料理レシピ

アメリカアメリカ

国を知るには、料理から。給食レシピでも世界のいろいろなお料理を楽しめます。


旬の食材レシピ

秋のレシピ

今の季節はこれを食べよう!旬のものは、安くて栄養価も高く、新鮮なものが出回ります。しっかりチェックして、旬の味覚を満喫しましょう。