春の香りの七草あんかけごはん

  • 主食のレシピ
  • 旬の食材 春のレシピ
  • 旬の食材 秋のレシピ
  • 旬の食材 冬のレシピ
春の香りの七草あんかけごはん 写真

栄養成分 1人分

エネルギー
408kcal
たんぱく質
12.3g
カルシウム
71mg
食塩相当量
2.4g

材料 4〜6人分

3合
適量

《混ぜ込む具材》

豚ひき肉
160g
にんじん
1/2本(100g)
ごぼう
中1/2本(100g)
しめじ
1袋(120g)
小松菜
約1/3束(100g)
油揚げ
1枚

【A】
しょうゆ
大さじ2
三温糖
大さじ1
小さじ2
小さじ1

サラダ油
大さじ1

《あん》

だし昆布
5cm角1枚
400ml(2カップ)

七草詰め合わせ
1パック

【B】
かつおだし(顆粒)
少々
しょうゆ
大さじ1
本みりん
大さじ1
水溶き片栗粉
片栗粉:大さじ1/2、水:大さじ1

作り方

〈下準備〉

鍋にだし昆布と分量の水を入れ、一晩浸けておきます。


  1. 米は洗って30分ほど浸水させてから水気を切って炊飯器に入れ、水を加えて普通に炊きます。
  2. にんじんは2cm長さの細切りに、ごぼうはささがきにして5分ほど水にさらし、水気を切ります。しめじは石突きを切り落としてざく切りに、小松菜は1cm長さに切ります。油揚げは沸騰した湯で油抜きをし、軽く水気を絞ってから2〜3 cm長さの細切りにします。
  3. フライパンにサラダ油を引いて中火にかけ、豚ひき肉を入れて炒めます。肉の色が変わってきたら②を入れ、全体に火が通ったらAを加え、汁気がほぼなくなったら火を止めます。
  4. 炊き上がったごはんに③を混ぜ込み、10分ほど蒸らして味をなじませます。
  5. あんを作ります。昆布と水を入れて一晩おいた鍋を火にかけ、かつおだし(顆粒)、しょうゆ、本みりんを加え、沸騰したら粗みじん切りにした七草を加え、ひと煮立ちしたら水溶き片栗粉でとろみを付けます。
  6. 器に④を盛り、⑤のあんをかけます。

レシピ考案者 東京都文京区小学校栄養士 松丸奨先生

春の七草を使った料理は、新春にぜひとも味わってほしい行事食です。でも、七草の独特の香りやえぐみが苦手な子どもが多いのも事実。どうしたら食べてもらえるだろう…と悩んだ末に生まれたのがこのメニューです。ポイントは、混ぜごはんに濃いめの味をつけること。あんに加えた七草のクセが和らぎ、子どもが好む味つけになります。