かぶのとろりスープ

  • 汁物のレシピ
  • 旬の食材 春のレシピ
  • 旬の食材 秋のレシピ
  • 旬の食材 冬のレシピ
かぶのとろりスープ 写真

松丸先生コメント

11月7日(年によっては8日)は、立冬。暦の上では冬が始まる日とされています。ちょうど木枯らしも吹き始め、風邪を引く子も増えてくる頃です。そんな季節にぴったりなのがこのスープ。冬に甘みが増すかぶを、ビタミン・ミネラル豊富な葉ごと使ったかき玉スープで、しょうがも入り、とろみがあるので冷めにくく、体が温まります。さつま揚げのうま味で、野菜嫌いの子も食べやすいです。かぶのかわりに大根を使うのもいいですね。

栄養成分 1人分

エネルギー
82kcal
たんぱく質
5.6g
カルシウム
56㎎
食塩相当量
1.1g

材料 4人分

かぶ
1個
かぶの葉
1個分
さつま揚げ
2枚(100g)
おろししょうが
小さじ1
白煎りごま
小さじ1

4カップ
だし昆布
2×3㎝

【A】
しょうゆ
小さじ2
みりん
小さじ2
めんつゆ(2倍濃縮)
小さじ2
【水溶き片栗粉】
片栗粉
小さじ2
小さじ4

1個

作り方

  1. かぶは厚めのいちょう切りに、さつま揚げは短冊切りにします。かぶの葉は熱湯で茹でて水にとって水気を絞り、2㎝長さに切ります。
  2. 鍋に水とだし昆布を入れて煮立て、かぶとさつま揚げ、おろししょうが、ごまを加えて煮ます。かぶに火が通ったらAで調味します。
  3. 水溶き片栗粉を加えて混ぜ、とろみがついたら、溶いた卵を流し入れます。卵が固まったら火を止め、器に盛って、かぶの葉をのせます。