白ごまタンタンうどん

  • 主食のレシピ
白ごまタンタンうどん 写真

松丸先生コメント

中国の担々麺から名付けた「タンタン」の愛称で子どもたちに人気のうどんメニューです。ひき肉、焼きちくわ、油揚げと、うまみの出るたんぱく質食品をトリオで使い、練りごまとすりごまのダブル使いで風味豊かに仕上げました。麺類は野菜を加えにくいのですが、炒めるのでかさが減り、コク満点の汁をからめることで、すんなりと食べられます。

栄養成分 1人分

エネルギー
449kcal
たんぱく質
17.9g
カルシウム
148mg
食塩相当量
3.0g

材料 4人分

生うどん
4玉

【昆布だし汁】
だし昆布
5㎝角1枚
6カップ

鶏ひき肉
100g
焼きちくわ
2本
油揚げ
1枚
玉ねぎ
1個
にんじん
1/3本
キャベツ
2枚
ピーマン
1個
ねぎ
1/2本
サラダ油
大さじ1

【A】
かつおだし(顆粒)
小さじ2
しょうゆ
大さじ2
砂糖
小さじ1
味噌
大さじ1
白練りごま
大さじ1
白すりごま
大さじ2

作り方

〈下準備〉

鍋に分量の水とだし昆布を入れて一晩浸けておきます。


  1. ちくわは斜め薄切りにします。油揚げは熱湯をかけて油抜きをし、水気を切って縦半分に切り、1㎝幅の短冊切りにします。
  2. 玉ねぎは薄切りに、にんじんとピーマンはせん切りに、キャベツは7〜8㎜幅の短冊切りにします。ねぎは斜めに1.5㎝幅に切ります。
  3. 鍋にサラダ油を入れて熱し、ひき肉を入れてほぐしながら炒めます。ひき肉に火が通ったら①と②の野菜を加えて炒め合わせます。
  4. 野菜がしんなりしたら昆布だし汁だけを注ぎ、煮立ったらアクをすくって除き、Aを加えてむらなく混ぜ合わせ、中火で野菜に火が通るまで煮ます。
  5. うどんをたっぷりの熱湯で茹で、水気を切って器に盛り、④をかけます。

※昆布を水に一晩浸ければ、火にかけなくてもおいしいだし汁ができます。残った昆布は、次は煮出せばもう一度だし汁がとれます。