冬瓜チーズケーキ 写真

松丸先生コメント

夏の野菜なのに冬瓜と書く「とうがん」。そのわけは、「丸ごと冷暗所に保存しておけば冬までもつ」からだそうです。冬瓜の食べ方としては煮物や汁物、あんかけなどが知られていますが、味が淡泊なためか日常料理にはあまり使われず、見たこともないという子も少なくありません。そこで、まずは冬瓜に興味を持ってほしいと思い、デザートにしてみました。シロップ煮にした冬瓜は繊細な味で、チーズの風味とよく合っておしゃれな一品になりました。硬い皮の中に、こんなにやさしい味の実が詰まっているんだよと、その名前の由来とともに話しています。

栄養成分 1個分

エネルギー
215kcal
たんぱく質
4.9g
カルシウム
45㎎
食塩相当量
0.3g

材料 直径約6.5㎝×高さ3.5㎝
のカップ型4~5個分

冬瓜
30g
【A】
砂糖
小さじ1
1/2カップ
バニラエッセンス
少々

クリームチーズ
170g
グラニュー糖
50g
バニラエッセンス
少々
バター
16g
牛乳
60ml
大1個
コーンスターチ
小さじ2

作り方

  1. クリームチーズとバターは室温でやわらかくしておきます。
  2. 冬瓜は皮と種を除いて薄いいちょう切りにします。鍋に入れてAを加え、冬瓜が透明になり、汁気がなくなるまで煮ます。
  3. ボウルにクリームチーズを入れ、グラニュー糖とバニラエッセンスを加えてゴムべらでしっかりすり混ぜ、さらにバター、牛乳、溶いた卵、コーンスターチの順に加えてはよく混ぜ合わせ、なめらかなたねを作ります。
  4. カップ型(紙の場合は、型崩れを防ぐため、金属や陶器の型に入れます)に③を八分目まで流し入れ、②の冬瓜のシロップ煮をのせます。
  5. 天板に水を1/2~1カップ注ぎ、網をのせてその上に④を並べ、180℃のオーブンに入れて30~40分、表面が薄く色づくまで蒸し焼きにします。