ツナと里芋の香草ソテー 写真

栄養成分 1人分

エネルギー
171kcal
たんぱく質
5.2g
カルシウム
33㎎
食塩相当量
0.4g

材料 4人分

里いも※
3個
じゃがいも
大1個
玉ねぎ
1/2個
ツナ缶
小1缶
オリーブ油
大さじ1

【A】
マヨネーズ
大さじ1と1/3
少々
こしょう
少々

粉チーズ
小さじ2
パセリのみじん切り
少々
バジル(生)
適量

※里いもは冷凍品を解凍して使ってもかまいません。

作り方

  1. 里いもは皮をむいて半分に切り、そのうち半量はさらに半分に切り(4つ割りになる)、それぞれ水で洗います。じゃがいもは皮をむいて厚めのいちょう切りにし、水に軽くさらします。
  2. 耐熱性の器に半分に切った里いもを入れ、ラップをかけて電子レンジ(600W)で2分加熱します。取り出して4つ割りの里いもとじゃがいもを加え、さらに2分加熱します。あとで炒めるので、ほぼ火が通る程度でOKです。
  3. 玉ねぎはくし形に切ります。
  4. フライパンにオリーブ油を熱して玉ねぎを炒め、しんなりしたら②を加えてじっくり炒めます。ほんのり焼き色がついたらツナ缶を汁ごと加え、Aを加えてさらによく炒めて味をなじませます。
  5. 器に盛り、粉チーズをかけてパセリをふり、バジルを飾ります。

レシピ考案者 東京都文京区小学校栄養士 松丸奨先生

里いもといえば、煮ころがしやけんちん汁などの和風料理がおなじみですが、そこから脱して、里いもをもっとおしゃれな主役にできないかな、と頭をひねって生み出したのがこの料理です。里いもはあえて大きさを2種類にし、さらに切り方の違うじゃがいもを組み合わせることで、味わいに変化をつけました。ツナと粉チーズの風味がいもによく合い、里いもが苦手な子でもペロッと食べてくれますよ。和風煮物より低塩にできるのもうれしい点ですね。