比べてみよう!世界の食と文化

フランス共和国 かにと卵のクロケット(フランス共和国)

かにと卵のクロケット

カリッと揚がったクリームコロッケ。
かにのうま味が広がります。

栄養成分1人分

エネルギー
540kcal
たんぱく質
16.2g
カルシウム
214mg
食塩相当量
1.5g

材料4人分、8個分

かにの身(ゆでてあるもの)
100~120g
ゆで卵
2個
玉ねぎ
½個(100g)
明治北海道バター、小麦粉
各50g
明治おいしい牛乳(冷たいままにしておく)
350ml
小さじ½
こしょう
少々
【衣】
小麦粉
適量
溶き卵
1個分+小麦粉 大さじ2
生パン粉
適量
揚げ油
適量
マッシュルーム
2個
ベビーリーフ
100g
【ドレッシング】
オリーブ油
大さじ1
ワインビネガー
大さじ½
塩、こしょう
各少々

作り方

  1. かにの身は汁気をしっかり絞り、汁は捨てずにとっておきます。軟骨があれば除きます。
  2. ゆで卵は粗く刻み、玉ねぎは薄切りにします。
  3. フライパンにバターを中火で熱して玉ねぎを炒め、しんなりしてきたら小麦粉を加えて粉気がなくなるまで炒めます。一度火を止め、牛乳と1のかにの汁を一気に加えてよく混ぜ、玉ねぎとなじませます。再び中火にかけ、絶えず混ぜながらとろみがつくまで煮、塩、こしょうで調味し、かにの身と2のゆで卵を加えて混ぜます。
  4. バットにサラダ油(分量外)を薄く塗り、3を移して平らにならし、表面をラップで覆います。粗熱を取り、冷蔵庫でしっかり冷やします。
  5. 4を8等分し、手のひらにサラダ油(分量外)を薄くつけて俵型にします。小麦粉、溶き卵と小麦粉を混ぜたもの、生パン粉の順に衣をつけ、少しおいてパン粉をなじませます。
  6. 揚げ油を170℃に熱し、5を入れて2〜3分かけてカラリと揚げます。
  7. 薄切りにしたマッシュルームとベビーリーフを合わせ、6とともに器に盛り、【ドレッシング】の材料を混ぜ合わせて野菜にかけます。
1234567890
  • かにと卵のクロケット かにと卵のクロケット

    パリパリと音を立ててかむことをフランス語ではクロケといい、それが料理名になったといわれています。日本ではコロッケといいます。

  • トマトのファルシー トマトのファルシー

    ファルシーとはフランス語で「詰める」という意味で、器に見立てたトマトに具がぎっしり入ります。野菜がおいしい南仏の郷土料理です。