知って!食物アレルギー

HOME

食物アレルギー5つのタイプ | 口腔アレルギー症候群

症状の例

多く見られる年代

幼児期〜大人

  • りんごやもも、洋梨など生の果物や野菜、大豆(主に豆乳)を食べたときに、
    口の中やのど、耳の奥などにかゆみや痛みを感じる。

花粉症との関連

口腔アレルギー症候群は、生の果物や野菜、大豆(主に豆乳)などを食べたあとに、唇や口の中、のど、耳の奥などにかゆみや腫れ、痛みなどを感じるものです。このアレルギーは特定の植物の花粉症と関連があるとみられています。花粉アレルギーのある人が、その花粉と似たアレルゲン(たんぱく質)をもつ果物などを食べた場合に、交差反応(下記参照)をおこして発症するものです。症状は比較的軽い場合が多いのですが、シラカバなどカバノキ科の花粉症の人が豆乳を摂取してアナフィラキシーをおこした例もあります。口腔アレルギー症候群の場合は、果物や野菜はよく加熱すれば症状はおきにくいとされています。しかし、果物アレルギーでは加熱してもアナフィラキシーをおこすタイプもあるので注意しましょう。

ゴムのアレルギーと果物アレルギーの関連

ゴム手袋をすると手がかゆくなるなどの経験がある人では、アボカド、キウイフルーツ、バナナ、パイナップル、栗などを食べたときに、口の中の違和感やじんましんなどのアレルギー症状をおこすことがあります。これをラテックス・フルーツ症候群といいます。アナフィラキシーをおこすこともあります。

交差反応とは?

花粉と果物などのように異なる物質であっても、アレルゲンとなるたんぱく質の構造が似ている場合があります。ある花粉にアレルギー反応をおこしたことがあると、それと似たたんぱく質を含む果物に対してもアレルギー反応が出やすくなります。これを交差反応といいます。
ハンノキやシラカバの花粉症の場合はりんごや洋梨、もも、豆乳などとの、また、ブタクサ花粉症の場合はメロンやすいか、きゅうり、バナナなどとの交差反応があることがわかっています。しかし、交差反応がある場合に、双方にアレルギー症状が出るとは限りません。たとえば、ハンノキ花粉症の人がりんごやももを食べて症状が出るとは限りません。
ラテックス・フルーツ症候群も、ゴム(天然ゴムの樹液に含まれるラテックスという物質)と果物などの交差反応によるアレルギーです。

上記のような気になる症状がある場合は、受診を

果物などを食べたときに口の中に違和感を感じ、その症状がひどい場合などには、くわしい検査のできるアレルギー専門医のいる医療機関を受診しましょう。