知って!食物アレルギー

HOME

監修の先生からメッセージ~2019年、内容更新にあたって~

海老澤元宏 近影海老澤元宏

国立病院機構相模原病院
副臨床研究センター長
アレルギー性疾患研究部長

食物アレルギーの診療は、2000年頃からたいへん大きな変貌を遂げています。2002年には、わが国で世界に先駆けてアレルギー物質を含む食品表示が始まり、2005年にはアナフィラキシーの患者さんたちが自己防衛できるように、自己注射用のアドレナリン製剤(エピペン®)も認可されました。最も大きな出来事は、食物経口負荷試験が2006年に入院で、2008年には外来で保険適用の検査として承認されたことです。食物アレルギーの診療の手引きとガイドラインも2005年に刊行され、進化し続けています。

最近では、乳児期からできるだけ原因食物を完全除去にはせずに、症状が出ない少量の原因食物の摂取を行うことが、重症化させない対策として重要であると考えられています。最新の食物アレルギーの「診療ガイドライン2016」「診療の手引き2017」「栄養食事指導の手引き2017」では、その理念をさらに押し進め、〝原因食物を安全に可能な範囲で摂取させる″方向とわかりやすい指導を目指しています。

本サイトは、食物アレルギーの患者さんや保護者の方に食物アレルギーの正しい知識をお届けしたいと、(株)明治のサポートで立ち上げたものです。こちらの内容も最新の情報・知見を盛り込んで、このたび更新いたしました。

インターネットには、根拠のない過剰な「除去食療法」の紹介や、個人の誤った情報発信、特殊な食品を売りつけるようなサイトも未だに見受けられます。そのようなネット上の誤った情報に惑わされないように、このサイトをお読みいただき、食物アレルギーに関する正しい知識を身につけ、適切な対応にお役立ていただければ幸いです。

2019年4月