知って!食物アレルギー

HOME

食物アレルギーの食事対策 | 離乳食の進め方と授乳中のお母さんの食事〜食物アレルギーの関与する乳児アトピー性皮膚炎の場合〜

食物アレルギーは、乳児期に「食物アレルギーの関与する乳児アトピー性皮膚炎」として診断される場合が多く、離乳食の開始や進行に戸惑うお母さんが多くみられます。そこで、赤ちゃんに食物アレルギーがある場合の離乳食の進め方の注意ポイントをお伝えします。
離乳食は赤ちゃんがいろいろな食べ物の味を知り、咀嚼の力をつけ、栄養として取り込むための大事な最初のステップです。自己判断で開始を遅らせたりすることのないように気をつけましょう。

ポイント

離乳食の開始時期は
5〜6カ月頃から

食物アレルギーがあっても離乳食の開始を遅らせる必要はありません。
通常通り生後5〜6カ月頃から始めます。ただし、皮膚に湿疹などの症状が出ている場合は、医師の指示のもとで治療して皮膚をきれいな状態にしてから離乳食を始めます。皮膚をきれいにしてから始めないと、食べた食物が影響して症状が出たかどうかの判断がつきにくくなります。

初めて食べるものは
少量から

初めての食べ物を与えるときは、赤ちゃんの体調がよいときに新鮮な食材をよく加熱して、最初は少量を与えて様子をみます。万が一、症状が出た場合にすぐ受診できるように、かかりつけ医の診療している曜日の日中に与えるとよいでしょう。

月齢に合った
ひと通りの食材を

医師から除去するよう指示された食材は避ける必要がありますが、それ以外のものは、「授乳・離乳の支援ガイド」(市区町村や病院が開催する母親学級などで指導される厚生労働省作成のガイド)に沿って、様子をみながら与えていきます。
米やさつまいも、大根、にんじん、かぼちゃなどは、食物アレルギーの原因にはなりにくいため、離乳食を始める頃に利用しやすい食材です。

ベビーフードも活用して

ベビーフードは、アレルギーの原因となる食物が含まれていないものであれば利用できます。食物アレルギーに配慮したベビーフードも市販されています。

医師に除去するよう指示された食物以外の食物を、
自己判断で「念のため」に除去をするのはやめましょう。

授乳中のお母さんの食事について

母乳中の食物アレルゲンが赤ちゃんのアレルギー症状(主に湿疹)と関連していることは、それほど多いことではありません。
しかし、湿疹がスキンケアやステロイド外用療法でどうしても改善しないときには、医師の指導のもとで食物除去試験と経母乳的な負荷試験(母乳を通しての負荷試験)を行って、母乳中のアレルゲンの関与の確認を行います。

食物除去試験

授乳中のお母さんが特定の食物(主として鶏卵、牛乳など)を1〜2週間程度試験的に「除去」してみて、赤ちゃんの湿疹などの症状が「改善」されるかを確認します。「改善」した場合、「除去」した食物と症状に関連があったと推察できます。

経母乳的な負荷試験
(母乳を通しての負荷試験)

食物除去試験の結果、赤ちゃんの湿疹などの症状が改善した場合には、お母さんが今度は特定の食物をしっかり「食べて」みて、赤ちゃんの症状が「悪化」するかを確認します。「悪化」する、すなわち食べた食物と症状に関連のあることが再度確認された場合は、特定の食物のアレルゲンが母乳経由で赤ちゃんの症状を引き起こしていると判断します。

お母さんが特定の食物を摂取したあとの授乳によって赤ちゃんに症状が出たとしても、ほとんどが湿疹や発赤などの皮膚の症状です。
母乳が原因で赤ちゃんにアレルギー症状が出るとわかった場合には、お母さんは特定の食物を除去することになりますが、加工食品程度は食べられることが多いです(たとえば鶏卵を除去する場合、鶏卵そのものは除去をしますが、パンやクッキーなどの鶏卵を使用した加工食品は摂取しても赤ちゃんの症状に影響しないケースが多いです)。
湿疹が落ち着いて離乳食を始める頃にはお母さんの食物の除去は不要になることが多いので、除去の内容や期間などお母さんへの負担が大きいときには医師に相談しましょう。