知って!食物アレルギー

HOME

受診するときは | 受診機関について

食物アレルギーは、病歴などのくわしい問診や各種のアレルギー検査をもとにして診断されます。原因食物や食物アレルギーの重症度を適切に診断してもらうためには、食物アレルギー専門医のいる医療機関や食物経口負荷試験を行っている医療機関を探すとよいでしょう。

日本アレルギー学会認定専門医・指導医

外部サイト http://www.jsaweb.jp/modules/ninteilist_general/

一般社団法人日本アレルギー学会の審査を受けて認定された専門医・指導医を紹介しています。

食物経口負荷試験を行っている施設

外部サイト http://www.foodallergy.jp/

食物アレルギー研究会のホームページでは、日本小児科学会指導研修施設における、
小児科を対象とした食物経口負荷試験の実施状況(症例数)について紹介しています。

食物アレルギーの診療の際に、
本人の基本情報食事記録
持参するとよいでしょう。


受診前に食物アレルギーの種類について知っておこう!食物アレルギー5つのタイプ

食物アレルギーは
このような症状が出ることがあります。

顔や全身の湿疹がひどく、
治りにくい

見られる年代

赤ちゃん

  • 生後1〜3カ月頃から湿疹が顔をはじめとして体にも広がってきた。かゆそうで眠りが浅かったり、きげんが悪かったりする。
  • お医者さんにアトピー性皮膚炎といわれ、ステロイド軟膏などの薬をつけているけれどなかなか治らず、悪化している気もする。

原因食物を食べたあと
(主に直後〜2時間以内)
に食物アレルギー症状が出る

多く見られる年代

赤ちゃん〜大人まで

  • 食べたあとに、顔や身体にぽつぽつとじんましんが出てきた。
  • 食べたあとに、のどがイガイガして、元気がなくなってきて嘔吐した。
  • 食べたあとに、咳が出てきて、全身が赤くなって、息が苦しくなった。

※食べ物は粉ミルクや離乳食も含みます。

生の果物や野菜を食べると
口の中や周辺に
かゆみなどが出る

多く見られる年代

幼児期〜大人

  • りんごやもも、洋梨など生の果物や野菜を食べたときに、口の中やのど、耳の奥などにかゆみや痛みを感じる。

食後に運動したとき、
重い食物アレルギー症状
が出る

多く見られる年代

学童期頃〜大人

  • 子どもが学校で昼食後に激しい運動をしたら、じんましんやむくみ、咳が出てきて、呼吸も苦しそうになった。

粉ミルクを飲んだあとに
嘔吐や下痢をする

見られる年代

赤ちゃん

  • 生まれてまだ日の浅い赤ちゃんに粉ミルクを飲ませたら、嘔吐や下痢、血便などの症状がおきた。