知って!食物アレルギー

HOME

受診するときは | アレルギー検査について

食物アレルギーの診断を行うための主な検査です。
いずれも医療機関で行うものです。

血液検査

血中抗原特異的IgE抗体検査

個別の食物(アレルゲン)ごとの血液中の「IgE抗体」の量を測る検査です。特定の食物に対する「IgE抗体」の値が高い場合、その食物を摂取して症状が出る可能性が高くなりますが、値が高いからといって必ずしも症状が出るわけではありません。

*この検査値だけで食物アレルギーの確定診断を行うことはできません。
*食物アレルギーの診断の補助的な検査です。

皮膚テスト

プリックテスト

赤ちゃんの食物アレルギーの診断や、口腔アレルギー症候群の原因食物の診断にも有用なテストです。アレルゲンと疑われる物質を腕の内側に1滴たらし、針で皮膚を少し傷つけて、赤く腫れたら陽性と判断されます。食物アレルギーの診断の補助的な検査です。

食物経口負荷試験

食物経口負荷試験

医師の指導のもとでアレルゲンと疑われる食物を実際に食べて症状の有無を確認する試験です。原因食物を少しずつ、時間をかけて食べます。重篤な症状が出る可能性もあるので、症状が出たときの対応ができるような体制(入院設備など)が整った病院で行われます。原因食物を確定したり、食物除去が解除できるか(食べられるようになっているか)を診断したりするために行う、信頼性の高い試験です。

*食物経口負荷試験を自宅で行うことは極めて危険です。必ず医療機関で受けましょう。