知って!食物アレルギー

HOME

食物アレルギーを知ろう | 食物アレルギーとまちがえられやすい症状

食べ物が原因でなんらかの症状が出る場合でも、以下のものは食物アレルギーではありません。

乳糖不耐症

乳糖不耐症は、牛乳や母乳、粉ミルクなどを飲むと下痢などの消化不良の症状をおこすものです。牛乳などに含まれる乳糖を分解する酵素(ラクターゼ)が先天的に少ない場合や、酵素の働きが弱い場合におきます。腸炎などの病気をしたあとにおこることもあります。医療機関に相談してみましょう。

ヒスタミン中毒

鮮度の落ちたさばなどの魚を食べたあとに、じんましんや嘔吐などの症状をおこすことがありますが、これは食物アレルギーではなくヒスタミン中毒によるものであることが多いです。さば、まぐろ、かつおなどの魚には、ヒスチジンというアミノ酸が多く含まれており、保存している間にヒスチジンからヒスタミンという物質が作られます。ヒスタミンを多量に摂取すると、じんましんなどのアレルギーに似た症状がおきる体質の方がいますが、食物アレルギーとは異なるものです。

このほか、食品に含まれる化学物質や、有毒な細菌やウイルスによる食中毒などでも食物アレルギーに似た症状をおこすことがあります。
いずれにしても症状が出た場合は、自己判断をするのではなく、医療機関を受診しましょう。