手づかみ食べ・食具食べ・おく歯で噛む

「食べ物を自分の目で確かめ、自分の手やスプーンを使って口に運び入れ、顎を動かしておく歯でかむ」までのプロセスをそれぞれ練習していくことで、手と口の強調運動が発達していきます。