赤ちゃん相談室だより

明治TOP > お客様サポート >  赤ちゃん相談室だより

赤ちゃん相談室だより

「明治赤ちゃん相談室」のご案内

赤ちゃん相談室(赤ちゃんの食事と栄養に関するご相談)

ナビダイヤル 0570-025-192
  • ※お電話のみの受付としています。
  • ※受付時間:10:00~15:00(第3火曜日、土日祝日、年末年始除く)
赤ちゃん相談室について

2020/02
~保育園入園がきっかけの離乳食のご相談~

令和2年になり、早1か月が過ぎました。寒さの厳しい2月になりましたが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。

年々、お仕事に復帰されるお母様が増える中、それに伴い保育園に入園されるお子様も増えています。この春、育休中だったお母様のなかには保育園が決まり、職場復帰される方も多いのではないでしょうか。
明治赤ちゃん相談室では、保育園の入園がきっかけとなってお電話をいただくことが増えています。

先日、入園を控えた赤ちゃんのお母様から離乳食のご相談がありました。
「2か月前から離乳食を始め、まだ1回食です。お粥も野菜もたんぱく質食品もあまり食べません。入園する保育園が決まり、2か月後から通園が始まる予定です。入園すると、家で新しい食品を食べさせられるのが、小児科を受診できる土曜日の午前中だけになります。今の様子でも色々な食品を試した方がよいのか、試さなくても大丈夫なのか、2回食はどのタイミングで始めたらよいのか迷っています。どうしたらよいでしょうか。(8か月)」
お母様の不安そうなお声から、お悩みの様子が伝わってまいりました。

保育園が決まると、入園前にご家庭での離乳食の進み方や、食生活の状況などを確認する面談が行われるようです。保育施設によって対応方針や取り組み状況などが異なりますので、お子様の状況を伝えてよく相談することが大切です。ご家庭での進め方は、保育園の先生と連絡を取りながら、お子様の様子をみて無理のないように進めていくと安心です。
また、保育園入園前に、離乳食でどのような食べ物に慣れているか確認するための「食材チェック表」の記入の仕方でご相談をいただくこともあります。記入で迷うことがあれば、担当の先生に遠慮せず確認してみましょう。

明治赤ちゃん相談室では、迷われている事柄、お悩みの背景、ご意向などをお伺いして一緒に考えさせていただき、お母様やお子様にとってよい方向に進んでいただけるよう努めております。わからない、迷っている、悩んでいる・・・。ご心配なことがありましたら、お気軽にお電話ください。お待ちしております。

赤ちゃん相談室(赤ちゃんの食事と栄養に関するご相談)

ナビダイヤル 0570-025-192
  • ※お電話のみの受付としています。
  • ※受付時間:10:00~15:00(第3火曜日、土日祝日、年末年始除く)
赤ちゃん相談室について

「あなたに伝えたいお母様からのメッセージ」~お母様から寄せられた感動体験vol.111~

赤ちゃん相談室で、『子どもがいてよかったと思う瞬間や喜び』、『子育てで感動したこと』などのエピソードを募集したところ、たくさんのメッセージ、感動体験をいただきました。
その一部を毎月ご紹介しています。
1日中ずっと笑っていられます。元々子どもが好きですが、自分の子どもがこんなに愛おしいとは思っていませんでした。些細なことでも子どもができるようになると嬉しくて泣けてきます。(33歳 第1子 9か月)

2020/01
育児情報はどこから得ていますか?

令和2年(2020年)が始まりました。今年は東京オリンピック・パラリンピックなど、大きな行事が続きます。健康で、楽しい思い出が沢山できる年でありますようにお祈り申し上げます。
今年も赤ちゃん相談室は相談員一同、皆様のご心配やご相談にお応えできますよう努めてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

さて、皆様は赤ちゃんの育児情報をどこから得ていらっしゃいますか?
まずはインターネットで検索、という方も多いかと思います。

赤ちゃん相談室にも
「インターネットで検索して、赤ちゃん相談室を知りました」
と、お電話を下さる方が増えています。
明治ホームページでは、お子さまの成長に合った役立つ情報いっぱいの、ママと家族の育児応援サイト「ほほえみクラブ」があります。
「ほほえみクラブ」では、月齢・年齢別、カテゴリー別に育児に役立つ情報をお届けしております。他にも、LINE公式アカウントで育児やキャンペーン、商品についてなど、お得な情報を配信しています。スマホやタブレットなどお手持ちの端末のLINEアプリからご登録いただけます。

明治ホームページのトップページ、右下のおすすめ情報の中に「ほほえみクラブ」のアイコンがあります。是非ご覧ください。

また、赤ちゃんの授乳や離乳食などについて心配なことがあったときは、どうされていますか?
ご家族、医師、保育園の先生、保健所や地域の子育て支援施設の先生へお話するほか、本やインターネットで調べる方もいらっしゃると思います。
赤ちゃん相談室では
「心配なことがあってネットで検索しましたが、うちの子にあてはまるのか分からず電話をしました」
と伺うことがあります。
インターネットは育児情報源としてとても便利なツールですが、お子様は一人ひとり個性がありご様子も異なります。インターネットからの情報では、なかなかお子様にマッチした回答を見つけられないこともあるのではないでしょうか。

赤ちゃん相談室では栄養士の相談員が、お子様のご様子やお母様のお気持ち、ご事情をお伺いしながらお母様とご一緒に考えさせていただいております。

授乳や離乳食などについてご心配がありましたら、赤ちゃん相談室へお気軽にお電話ください。ご利用をお待ちしています。

赤ちゃん相談室(赤ちゃんの食事と栄養に関するご相談)

ナビダイヤル 0570-025-192
  • ※お電話のみの受付としています。
  • ※受付時間:10:00~15:00(第3火曜日、土日祝日、年末年始除く)
赤ちゃん相談室について

「あなたに伝えたいお母様からのメッセージ」~お母様から寄せられた感動体験vol.110~

赤ちゃん相談室で、『子どもがいてよかったと思う瞬間や喜び』、『子育てで感動したこと』などのエピソードを募集したところ、たくさんのメッセージ、感動体験をいただきました。
その一部を毎月ご紹介しています。
親バカかなと思うのですが、私が元気がなかったり落ち込んでいたりすると、いつにも増してとびっきりの笑顔をしてくれます。私の気持ちをわかってくれていると思うと、親子の絆を感じてとても嬉しいです。また頑張ろう!と元気が出ます。(32歳 第1子 4か月)

2019/12
年末年始の過ごし方

なにかとあわただしい年の暮れになりました。
今年も赤ちゃん相談室だよりをお読みいただき、ありがとうございました。

この季節になると、赤ちゃん相談室では帰省にまつわるご相談をいただきます。

「離乳食を開始しようと思っているのですが、もうすぐ帰省を考えています。帰省して新しい食材をあげるのも心配です。始めてすぐ休んでもよいでしょうか。(5か月)」

「以前ミルク粥をあげて湿疹が出たことがあります。帰省先ではベビーフードを使おうと思っているのですが、乳製品の入っているものは避けたほうがよいですか。(8か月)」
「帰省中の食事は食べ慣れたものをあげたほうがよいですか。ベビーフードでもよいでしょうか。(7か月)」
「里帰り中は夜泣きをしても困らないのですが、帰宅すると集合住宅なので、泣かれると困ります。おしゃぶりを使ってもよいですか。(0か月)」

離乳食を開始したばかりであれば、お出かけ先でお休みしても構いません。もちろん人手があり、ご用意ができるようであれば、普段通りのリズムで量を増やさず食べ慣れたものをあげてもよいでしょう。
普段ベビーフードを使わないお母様も、お出かけ前にいくつか慣れさせておくと持参できるので安心です。

帰宅してから生活リズムが変わり、「夜泣きをするようになった」というご相談もあります。お出かけ先ではできるだけ、お母様もお子様も無理のないスケジュールで過ごせるよう、ご家族にも協力してもらうとよいでしょう。帰宅をしたら、毎朝決めた時間に起こして部屋を明るくし、リズムを整えていきましょう。

心配事があるときは自己判断を避け、お出かけの前にかかりつけの病院に行き、主治医に相談するようにしましょう。
人の多い場所では、病気の感染や赤ちゃんのためのスペースが充分に確保できないことも考えられます。できるだけ混みやすい時期や時間帯の移動は避けるようにすると安心です。
万が一のときに慌てないよう、到着先の病院を確認するなど余裕をもったスケジュールを立てるとよいでしょう。

赤ちゃん相談室は、来年もお母様方のお気持ちに寄り添いながら、ご一緒に考えていけるよう励んでまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

赤ちゃん相談室(赤ちゃんの食事と栄養に関するご相談)

ナビダイヤル 0570-025-192
  • ※お電話のみの受付としています。
  • ※受付時間:10:00~15:00(第3火曜日、土日祝日、年末年始除く)
赤ちゃん相談室について

「あなたに伝えたいお母様からのメッセージ」~お母様から寄せられた感動体験vol.109~

赤ちゃん相談室で、『子どもがいてよかったと思う瞬間や喜び』、『子育てで感動したこと』などのエピソードを募集したところ、たくさんのメッセージ、感動体験をいただきました。
その一部を毎月ご紹介しています。
ささいなことでも新しいことができる喜びを感じます。毎日子どもの泣き声や笑い声を聞いていると、幸せだなぁと感じます。なにはともあれ、かわいい。我が家の宝物です。(33歳 第1子 1歳)

ページ上部へ