赤ちゃん相談室だより

明治TOP > お客様サポート >  赤ちゃん相談室だより

赤ちゃん相談室だより

「明治赤ちゃん相談室」のご案内

赤ちゃん相談室(赤ちゃんの食事と栄養に関するご相談)

ナビダイヤル 0570-025-192
  • ※お電話のみの受付としています。
  • ※受付時間:10:00~15:00(第3火曜日、土日祝日、年末年始除く)
赤ちゃん相談室について

2018/08
2017年度 赤ちゃん相談室に寄せられた相談内容 月齢別TOP5 【4~8か月】

赤ちゃん相談室では、毎年どのようなご相談が多く寄せられたか、年間統計をもとに月齢別に集計しています。先月にひき続き、2017年度に寄せられた4~8か月の赤ちゃんのご相談TOP5とその内容をご紹介します。

1位・・・離乳食のリズム・進め方
2位・・・食べない
3位・・・離乳食の目安量
4位・・・授乳の目安量
5位・・・食後の授乳

離乳食に関する相談がTOP3を占め、この時期の心配ごとや悩みごとが離乳食に集中していることがわかります。なかでも1位の「離乳食のリズム・進め方」はこの数年間変わっていません。4位までの順位は昨年度と変わりがありませんでしたが、TOP5に入ることの多かった「授乳の間隔」が外れ「食後の授乳」がランクインしました。4位、5位は授乳の相談が入り、授乳に関する相談も多く寄せられました。

【1位】“離乳食のリズム・進め方”では、
「離乳食を始めてちょうど1か月が経ちます。おかゆと野菜3種類は慣れましたが、ぐずって食べない時もあります。それでも2回食に進んでよいですか。(6か月)」
「7か月になったので、2回食を始めようと考えています。何時にしたらよいですか。午後のお昼寝の時間が日によってずれるので、何時にしたらよいか迷っています。(7か月)」

【2位】“食べない”では
「10倍粥を食べさせ始めて4日目です。一度口に入れても出してしまい、ちゃんと食べられていない感じです。この先どのようにして離乳食を進めていけばよいですか。(7か月)」
「1回食の時は食べていたのに、2回食にしてからは食べなくなってしまいました。最近は椅子にも座らず、いやいやして泣きます。どうしたら食べてくれますか。(7か月)」

【3位】“離乳食の目安量”
「離乳食を始めて3週間。本やネットで離乳食の進め方を調べてみましたが、どれにも量の記載がありませんでした。1回食ではどのくらい食べたらよいのですか。(6か月)」
「2回食を始めて1か月半経った頃から、前より食後の母乳やミルクを飲まなくなりました。離乳食を食べすぎているのでしょうか。(8か月)」

【4位】“授乳の目安量”
「ミルクを飲む量にムラがあって、ほほえみの缶に書いてある量に比べて少ない時もあります。今はどのくらい飲めていれば心配ないですか。(5か月)」
「ずっと母乳とミルクの混合です。最近、授乳の予定時間より早く欲しがることが多くなっています。ミルクを足す量を増やした方がよいですか。(4か月)」

【5位】“食後の授乳”
「離乳食をほとんど食べないうちにぐずったので、ミルクを飲ませて、また離乳食をあげたら食べ始めました。このように食後のミルクを先に飲ませても、消化の面で負担がかかる心配はないですか。(7か月)」
「離乳食の量が増えたら、食後のミルクが少なくなりました。これからも少ない量のままで大丈夫ですか。(8か月)」

相談をお受けした時に、明治赤ちゃん相談室の電話番号をどちらでお知りになったかを伺うと、「ネットで授乳や離乳食の相談ができるところを検索したら、明治の赤ちゃん相談室がでてきました」とのお返事をいただくことが多くなりました。
体調や発育については、病院の先生にご相談いただくとご安心ですね。授乳や離乳食の進め方については、日々成長する赤ちゃんの状況に合わせてご相談を承っております、赤ちゃん相談室をご利用ください。相談員一同お電話をお待ちしております。
来月は9~12か月の赤ちゃんの相談内容TOP5をご紹介いたします。

赤ちゃん相談室(赤ちゃんの食事と栄養に関するご相談)

ナビダイヤル 0570-025-192
  • ※お電話のみの受付としています。
  • ※受付時間:10:00~15:00(第3火曜日、土日祝日、年末年始除く)
赤ちゃん相談室について

「あなたに伝えたいお母様からのメッセージ」~お母様から寄せられた感動体験vol.93~

赤ちゃん相談室で、『子どもがいてよかったと思う瞬間や喜び』、『子育てで感動したこと』などのエピソードを募集したところ、たくさんのメッセージ、感動体験をいただきました。
その一部を毎月ご紹介しています。
私には子どもが3人います。長男は12歳、次男が9歳、そして三男は3か月の赤ちゃんです。久々の出産でとても不安でしたが、2人のお兄ちゃんに助けてもらいながら3人目の子育てを頑張っています。最近、長男が学校の作文で、母に感謝していると書いてくれた事にとても感動しました。(31歳 第3子 3か月)

2018/07
2017年度 赤ちゃん相談室に寄せられた相談内容 月齢別TOP5 【0~3か月児】

赤ちゃん相談室では、毎年どのような相談が多く寄せられたか、年間統計をもとに月齢別に集計しています。今月は2017年度に寄せられた0~3か月の赤ちゃんの相談内容年間TOP5とその内容についてご紹介します。

1位・・・授乳の目安量
2位・・・授乳の間隔
3位・・・授乳を嫌がる
4位・・・調乳方法
5位・・・飲みが少ない

2017年度は昨年度同様、TOP5はすべて授乳に関する相談でした。ランキングからも、この月齢ではお母様の不安や心配事が授乳に集中していることがわかります。なかでも調乳方法は2013年度から5年連続TOP5にランクインしています。

【1位】"授乳の目安量"では
「母乳とミルクの混合栄養で育てていますが、吐き戻しをよくします。足しているミルクの量が多いのでしょうか。(0か月)」
「ミルク缶の表示どおり飲ませても飲み終わって泣きます。量が足りないのでしょうか。表示されている調乳量より多く飲ませてもよいですか。(1か月)」

【2位】"授乳の間隔"では
「母乳は泣いて欲しがったら飲ませてよいと聞きますが、ミルクは3時間あけないといけないのですか。あやしても泣き止まない時は3時間開いていなくても飲ませてよいですか。(0か月)」
「泣いて欲しがることがないので、泣くまで待っていると5時間ぐらい間隔があくことがあります。寝ているときでも起こして飲ませたほうがよいでしょうか。(1か月)」

【3位】"授乳を嫌がる"では
「遊び飲みが始まり、飲んでいる途中で飲むのを嫌がるようになりました。無理強いしないほうがよいと聞きますが、飲まないと栄養が摂れないのではと心配です。どうしたらよいでしょうか。(3か月)」
「急に母乳を嫌がって飲まなくなりました。母乳はよく出ているのに何故ですか。母乳で育てるにはどうすればよいでしょうか。(3か月)」

【4位】"調乳方法"では
「外出先でミルクを作る時はどのようにしたらよいですか。(2か月)」
「70度以上のお湯で調乳すると赤ちゃんに飲ませる温度まで冷ます温度調節が難しいので、あらかじめ飲みやすい温度に加減したお湯で調乳してもよいですか。(0か月)」

【5位】"飲みが少ない"では
「2~3日前から急にミルクを飲み残すようになりました。赤ちゃんの機嫌はよく、元気もありますが大丈夫でしょうか。(3か月)」
「母乳で育てていますが、最近、片方5分ぐらいしか吸わなくなりました。短い時は1~2分で離してしまいます。体重もあまり増えていないので心配です。どうしたらよいですか。(2か月)」

相談の中で、パンフレットや育児書、インターネットなどの記述を厳密にとらえ「その通りにしなくては」と思い込んでしまうお母様もいらっしゃるように感じます。がんばり過ぎて心身ともに疲れてしまうお母様も少なくありません。これらの情報は目安ですので、ご自分の赤ちゃんにとっては正解でないこともあります。赤ちゃんは一人ひとり個性があり、発育にも個人差があります。がんばり過ぎず、焦らず、時には息を抜きながら赤ちゃんと向き合っていきましょう。

ご心配やご不安なことがございましたら、一人で悩まず、明治の赤ちゃん相談室にお気軽にお電話ください。相談員一同、お電話をお待ちしております。
来月は4~8か月の赤ちゃんの相談内容TOP5をご紹介いたします。

赤ちゃん相談室(赤ちゃんの食事と栄養に関するご相談)

ナビダイヤル 0570-025-192
  • ※お電話のみの受付としています。
  • ※受付時間:10:00~15:00(第3火曜日、土日祝日、年末年始除く)
赤ちゃん相談室について

「あなたに伝えたいお母様からのメッセージ」~お母様から寄せられた感動体験vol.92~

赤ちゃん相談室で、『子どもがいてよかったと思う瞬間や喜び』、『子育てで感動したこと』などのエピソードを募集したところ、たくさんのメッセージ、感動体験をいただきました。
その一部を毎月ご紹介しています。
とにかくかわいいです。私を見てニコッとしてくれるときそう感じます。私はあまり子供が好きではないと思っていましたが、我が子は本当にかわいいです。出産前は育児が不安で不安で仕方がなかったものの、今は何とかやっています。親が喜んでいる姿を見ることができ、親孝行ができたかなぁと思います。子供がいる生活は本当に幸せです。(30歳 第1子 8か月)

2018/06
ミルクの飲みが悪くなったと感じたら

すがすがしい初夏の季節になりました。過ごしやすい反面、少し動くと汗ばむ陽気になり、この時期は授乳をするだけでも、親子で汗だくになってしまうこともあるのではないでしょうか。
赤ちゃん相談室では
「3時間経っても母乳を飲んでくれません。どうしてでしょうか。(2か月)」
「混合でしたが、ミルクを嫌がるようになってしまいました。どうしたらよいですか。(2か月)」
「ミルクを飲む量が減ってしまいました。心配ないでしょうか。(4か月)」

「混合でしたが、母乳を嫌がるようになってしまいました。母乳が出なくなってきたのでしょうか。(5か月)」
など、母乳やミルクを飲む量が減ったり、嫌がったりするというお電話をいただきます。

生まれてすぐの頃は反射的にミルクを飲んでいる赤ちゃんも、2~3か月を過ぎると自分で飲む量を調節できるようになってきます。飲む量が減ったり、嫌がったりするのは赤ちゃんが成長してきた様子のひとつです。まずは赤ちゃんの機嫌がよいか、便や尿はよく出ているか、体調不良がないかを確認しましょう。赤ちゃんが元気で体重がよく増えている場合は無理強いせず、赤ちゃんのペースで様子を見ます。
母乳育児の場合は、分泌の様子を確認してみましょう。出ないだけでなく、出すぎて飲みにくい場合もあります。ミルク育児の場合は乳首のサイズが合っているかを確認してみてください。
授乳のポイントは母乳・ミルクにかかわらず、授乳リズムを3~4時間おきに整え、お腹をしっかり空かせた状態で授乳をすることです。家で過ごすことが多い場合は、お散歩を増やすなどして運動を促してみましょう。

この時期は、暑くて飲むのを嫌がる赤ちゃんも少なくありません。授乳時間は普段より衣服を1枚薄着にしたり、エアコンの設定温度を下げたりすることもおすすめです。
お母様の腕や、赤ちゃんの背中や襟足が汗ばんでいる時は、柔らかいタオルなどを間にはさんで授乳するのもよいでしょう。

赤ちゃんの様子を確認し元気で発育が良好であれば、無理に飲ませようとせずに様子を見ましょう。
何か気になることや心配なことがありましたら一緒に考えさせていただきます。おひとりで悩まず、お気軽にお電話ください。

赤ちゃん相談室(赤ちゃんの食事と栄養に関するご相談)

ナビダイヤル 0570-025-192
  • ※お電話のみの受付としています。
  • ※受付時間:10:00~15:00(第3火曜日、土日祝日、年末年始除く)
赤ちゃん相談室について

「あなたに伝えたいお母様からのメッセージ」~お母様から寄せられた感動体験vol.91~

赤ちゃん相談室で、『子どもがいてよかったと思う瞬間や喜び』、『子育てで感動したこと』などのエピソードを募集したところ、たくさんのメッセージ、感動体験をいただきました。
その一部を毎月ご紹介しています。
ハイハイ、お座りなど、子どもの成長ひとつひとつに感動です。そして何よりも、子どもが生まれてから夫の性格が丸くなったことに感動しています!(23歳 第1子 7か月)

ページ上部へ