離乳食のすすめ方の目安<7ヵ月・8ヵ月>

離乳食のすすめ方の目安<7ヵ月~8ヵ月頃>

離乳食を与える時期の中期にあたる、生後7~8ヵ月の赤ちゃん。この時期の赤ちゃんへの離乳食の与え方や、調理方法、食べられる食材などをご紹介しております。

離乳食のすすめ方の目安<7ヵ月~8ヵ月頃>

離乳食は大きく分けて、初期・中期・後期・完了期の4つに分類されます。それぞれの時期で、食べられるものや調理方法、そして与え方などが異なりますので、赤ちゃんの成長に合わせ、段階を踏みつつ食材の幅を広げていきましょう。

離乳中期

今回は離乳中期の進め方とレシピをご紹介します。

離乳中期から「1日2回食」に増やしてOK

離乳中期は、赤ちゃんが「食べる楽しみ」を覚えてきたころで、もっと食べたい欲求が大きくなります。
これまで1日1回食だった離乳食を、1日2回食に増やすとともに、少し歯ごたえをあるメニューを取り入れてみましょう。固さの目安としては、「舌でつぶせる固さ」です。調理したものをすりつぶして、スプーンですくいあげ、傾けたときにポタポタ落ちる程度の固さを心がけましょう。

決まった時間に食事をさせてリズムをつける

1日2回食は、赤ちゃんがより多くのメニューを楽しむとともに、食事のリズムをつけていく意味もあります。
毎日、できるだけ決まった時間に離乳食を食べさせてみてください。
とはいえ、ときには食べたがらないこともあるかもしれません。その場合は無理に同じ時間に合わせようとせず、食事の時間を少しずらすなどして調整すると良いでしょう。

この時期の赤ちゃんは舌と上あごで食べ物をすりつぶす

離乳中期になると、赤ちゃんは口の前の方を使って食べ物を取り込み、舌と上あごでつぶす動きを覚えていきます。
赤ちゃんの、もぐもぐする口の動きをよく見て、ごっくんと飲みこんだのを確認できたら、次の1さじを与えるようにしてください。
まだ舌を上手に動かすことに慣れていない為、口に入れたものを吐き出すこともありますが、心配はいりません。
逆に、食べることに慣れてくると、噛まずに丸のみしてしまうケースもあります。ママやパパが声をかけながら、ゆったり楽しく食事をできるムードをつくってあげてください。

離乳食も大切な栄養源になる時期

離乳食のあとには、母乳やミルクを追加しても大丈夫です。量には個人差がありますので、ミルクの量や回数を加減してください。
おおまかな目安としては、離乳食を1日2回、母乳または明治ほほえみ1回につき200mlを1日5回程度です。5回のうち2回は、食後にあげても構いません。この時期になると、離乳食からとる栄養素も大切になってきますので、1日の離乳食の摂取量を考えながら、炭水化物、たんぱく質、ビタミンなど、栄養バランスが偏らないメニューを作ってあげてください。

「トロトロ+つぶつぶ」メニューがおすすめの離乳中期

離乳中期の赤ちゃんには、水分が多くて食べやすく、少し歯ごたえを感じるメニューがおすすめです。
食べられる食材の種類も増えてきますから、大人のメニューを作るついでに、少し取り分けておいたもので離乳食作りもできるようになります。気を付けたいのは、ごく薄味にすること。大人と同じ味付けでは、赤ちゃんには濃すぎます。調味料を使うときには、風味をつける程度にしておきましょう。

複数の食材を組み合わせたメニューをいろいろ用意できるのも、この時期からです。「ほうれん草のポタージュ」、「豆腐と白身魚のトロトロミルクあんかけ」、「かぼちゃリゾット」といった、離乳中期におすすめメニューのレシピをご紹介しますので、参考にしてください。

まとめ

中期は食事の回数が増え、少しずつ生活リズムが作られていく時期です。愛情を込めてすすめていきましょう。

離乳7ヶ月・8ヶ月

らくらくショッピング