二酸化炭素でチョコが大変身! モコモコふくらむクリームと牛乳を煮詰めてエアインチョコを作ろう! 二酸化炭素でチョコが大変身! モコモコふくらむクリームと牛乳を煮詰めてエアインチョコを作ろう!

ふしぎ実験テーマ

チョコがモコモコふくらむってどういうこと??

その秘密は「二酸化炭素」にあるよ!

 やってみよう!

エアインチョコを作ってみよう!!

ひとりでむずかしい場合は、おうちの人と一緒にやってみてね。

材料(2人分)
板チョコレート
50g
食用重そう(じゅうそう)
小さじ3分の1
小さじ3分の1

重そう(じゅうそう)は必ず、食用を使ってね!

板チョコレート(明治ミルクチョコレート)

用具
  • シリコンカップ(4個くらい)
  • スプーン 1本
  • 耐熱容器 1個
二酸化炭素でチョコが大変身! モコモコふくらむクリームと牛乳を煮詰めてエアインチョコを作ろう! 用具イメージ
下準備

重そう(じゅうそう)と水を小さな容器に入れておきます。
チョコレートに入れる直前に準備しましょう。
*重そう(じゅうそう)と水は完全には混ざりません。

STEP1

板チョコレートを手で細かく割って耐熱容器に入れます。600Wの電子レンジで50秒ほど加熱し、溶かします。

チョコレートの状態によってレンジにかける時間が変わるのでようすを見ながら加熱してください。

二酸化炭素でチョコが大変身! モコモコふくらむクリームと牛乳を煮詰めてエアインチョコを作ろう! STEP1 写真
STEP2

チョコレートに水と重そう(じゅうそう)を合わせたものを入れて混ぜます。
これを入れて混ぜた瞬間にチョコレートが固まり出すので、とにかく手早く混ぜ合わせます。

手早くするのがポイントだよ!

二酸化炭素でチョコが大変身! モコモコふくらむクリームと牛乳を煮詰めてエアインチョコを作ろう! STEP2 写真
STEP3

②を600Wの電子レンジで30秒ほど加熱します。
ここで科学反応が起きてチョコレートがふくらみます。

二酸化炭素でチョコが大変身! モコモコふくらむクリームと牛乳を煮詰めてエアインチョコを作ろう! STEP3 写真
STEP4

さわっても熱くないくらいになったら、シリコンカップに入れて冷蔵庫で20分ほど冷やし固めます。固まったらカップからはずします。

二酸化炭素でチョコが大変身! モコモコふくらむクリームと牛乳を煮詰めてエアインチョコを作ろう! STEP4 写真
できあがり!

サクサク食感のエアインチョコのできあがり!

二酸化炭素でチョコが大変身! モコモコふくらむクリームと牛乳を煮詰めてエアインチョコを作ろう! できあがり写真

アレンジしてみよう!

ホワイトチョコレートや抹茶味、イチゴ味などいろいろなチョコレートで作って自分のお気に入りのエアインチョコを見つけよう!

二酸化炭素でチョコが大変身! モコモコふくらむクリームと牛乳を煮詰めてエアインチョコを作ろう! アレンジ写真

チャレンジしてみよう!

水の代わりに酢と重そう(じゅうそう)を混ぜたものを使ってみよう!

重そう(じゅうそう)に酢を入れると、加熱しなくてもまぜるだけでモコモコに!
酢は水の2倍も重そう(じゅうそう)がよく溶けるので、加熱した時よりももっと泡が出るよ。

すっぱい?

水の代わりに酢が入っているとチョコレートはすっぱいのかな?
味を比べてみよう。

調べてみよう!

どうしてチョコがモコモコふくらむの?

その秘密は「二酸化炭素」にあるよ!

重そう(じゅうそう)には加熱すると「二酸化炭素」の泡が出る性質があるんだ。
チョコレートに「重そう(じゅうそう)+水」を混ぜて温めることで、チョコレートの中で二酸化炭素の泡が出て、穴があいてモコモコになるんだ。

重そう(じゅうそう)ってなに?

重そう(じゅうそう)は「炭酸水素ナトリウム」「重炭酸ソーダ」ともいい、弱いアルカリ性で酸を中和します。
人体に無害で料理やそうじに使われています。
お菓子作りやパン作りに使われるベーキングパウダーの主成分でもあります。そうじでは、油汚れや汗のにおい落とし、消臭に使われます。
エアインチョコを作る時は、そうじ用の重そう(じゅうそう)を使わないように気をつけましょう。


  • 食用重そう(じゅうそう)ってどんな味がする?ほんの少しだけなめて確かめてみよう。

ほかにも気になることがあったら調べてみよう!

まとめよう!

実験まとめのヒント

  • 実験をした時の変化のようすや感じたことを書いてみよう。
  • できあがったチョコレートのようすを観察しよう。