1歳6ヵ月~2歳のお子さまの発育と発達

1歳6ヵ月~2歳頃になると、自我が目覚めはじめ「何でも自分でやりたい!」「チャレンジしたい!」という気持ちが強くなってきます。お子さんの「やる気」を上手に受け止め、少しずつ「できる」を増やしていくようにしましょう。

指差し表現

この時期のお子さまは、自分の興味のあるものを見つけると指を差して、ママに伝えようとします。お子さんが言葉にできないときは、ママが代わりに「飛行機がお空飛んでるねぇ」などと、話してあげましょう。ママの言葉を聞くことで、子どもは新しい言葉をインプットし、その経験を何度も繰り返すことで、自分の言葉としていくのです。

2語文の会話

「マンマ」「イヤイヤ」「ワンワン」など、これまでは1語だけだったお話が、「ブーブー、きた!」「ワンワン、おっきいねぇ」など、しだいに2つの言葉を使ってお話しするようになってきます。
言葉がなかなか出てこないと不安に感じているママもいるかもしれませんが、言葉の発達は、一人ひとりペースが違うものです。言葉は、その子が持っている「言葉のコップ」が一杯になった時に、自然とあふれ出てくるもの。コップにお水を注ぐみたいに、いろんな言葉をかけてあげましょう。

言われたことを行動できる

「○○ちゃん、○○とって」「これを、ゴミ箱に捨ててくれる?」など、言われたことを正しく理解して、行動に移すことができるようになってきます。また、これまではすべてママに任せきりにしていた歯みがき、手洗いなども、少しずつ自分でできるようになってきます。親は、子どものやりたい気持ちと行動を上手にサポートし、この時期に生活習慣を身に付けさせるといいでしょう。指示した通りに行動する事ができた時や、歯磨きなどがきちんとできた時には、たくさんほめてあげましょう。

自我の目覚め

1歳半を過ぎる頃から、急にイヤイヤが多くなることがあります。でも、これは「何でも自分でやりたい!」「チャレンジしたい!」気持ちの表れ、お子さんの成長の証です。

何でも自分でやりたい……でも、うまくできない!
あれがしたい……でも、やらせてもらえなかった!
ホントはこう言いたいのに……うまく言えない!

まずはお子さまの悔しい気持ちを受け止めてあげましょう。
子どもは、自分の気持ちがわかってもらえると、みるみる勇気がわいてきて、また挑戦しようという気持ちになります。子どもにやらせると、時間もかかるし、ママには大変なことが多いと思いますが、お子さんの「やる気」を上手に受け止め、サポートしてあげてください。

自分でやりたがるときは

洋服の着替え、食事、くつの脱ぎ履きなど、大人が手伝ってあげたほうが、スピードも速いし周りを汚すこともないのでラクですが、お子さんの「自分でやる!」という気持ちを大切にして、チャレンジさせましょう。「自分でやる!」は、自立心の表れ。日常生活の中での「できた!」という感動と体験は、子どもたちの自立心を育てる基礎となります。ただし、危険なものに手を出したり、危ないことを一人でしようとした時は、きっぱりとやめさせ、何故してはいけないのか、その理由をきちんと説明するようにしましょう。お手伝いをしたがるのも、この時期です。時間はかかりますが、ぜひたくさんのお手伝いを子どもにさせてあげましょう。

成長を見守って

子どもの成長は、遊びにも現れてきます。同じおままごとでも、少しずつレパートリーが増えたり、作業が複雑になってきます。ぜひ、遊びの中でのお子様の成長を見つけてみましょう。
はじめは上手くいかなくても、繰り返し行うことで、少しずつ上達していきます。失敗が続くと、ついつい大人がやってしまいがちですがやさしく見守ってあげてください。 子どもが一人ではできなくて、親にサポートを求めたときは、やさしくサポートし、時にはもう一度やり方を教えてあげるといいでしょう。大人は子どもが一度できると、もうできると思い込んでしまいがちですが、子どもは、一度できたことでも次はできないという場合がたくさんあります。子どもは「できる」「できない」を繰り返しながら、少しずつ上達し「できる」確率が高くなっていきます。あまり、先を急がず、少しずつ「できる」を増やしていくようにしましょう。

ごっこ遊び

毎日の生活の中で、ママのやっていることを見たり、想像力もずいぶんと育ってきているので、おままごとのような「ごっこ」遊びをやりたがります。お母さんごっこにお店屋さんごっこ、電車ごっこ……。
おままごと遊びは、女の子の遊びと思っているママも多いようですが、男の子もおままごと遊びが大好きです。性別に関係なく、たくさんのごっこ遊び、まねっこ遊びを親子で楽しみましょう。とくに、子どもの憧れはお母さんなので、お母さんが毎日やっているお料理、掃除、洗濯などには、興味を持つ子が多いようです。

見立て遊び

四角いつみ木やブロックを車に見立てて走らせたり、葉っぱをおままごとのお皿代わりにしたりする、「見立て遊び」も増えてきます。子どもたちは、遊びの天才なので、つみ木などのシンプルなものや、葉っぱや小石など自然のものを上手に使って遊んでみましょう。
また、お散歩のときなどに、雲を眺めながら、「あそこに、ぞうさんがいるよ!」など、雲の見立て遊びをするのもおすすめです。言葉と同じように、お母さんがたくさんの見立てをしてあげると、子どもも自分で何かを見たときに、自分なりの見立てをするようになってきます。

絵本

これまで絵本に興味がなかったお子さまも、少しずつ言葉がわかるようになり、絵本に興味を持つようになってきます。 一度は読み聞かせにチャレンジしたものの、ページをくしゃくしゃにしたり、本を投げたりで、絵本から少し遠ざかっていた人も、もう一度絵本の読み聞かせにチャレンジしてみましょう。
読み聞かせの絵本を選ぶときは、絵本に書いてある対象年齢にこだわらず、お子さまが好きな乗り物や動物などの絵本や、言葉がリズミカルで楽しい絵本などがおすすめです。
また、絵本に書いてある文章の通りに読むだけでなく、絵を見てお話をしたり、子どもの様子を見ながらお話を簡単にしたり、絵本を楽しむ工夫をしてみましょう。
絵本の読み聞かせは、文字を早く覚えさせるなどの学習の目的でなく、子どもの心を豊かにするものです。大好きなママのそばに寄り添いながら、ママの声を聞き、ママと同じ時間を過ごすことに子どもは喜びを感じます。ぜひ、お子さまと一緒に絵本の時間をお楽しみ下さい。

お絵かき遊び

色々なことに興味を持ち、手先もずいぶん器用に使えるようになって、お絵かき遊びなど遊びの世界がぐんと広がる時期です。お絵かきは、家にあるペンなどを使ってもいいですが、できれば書きやすいものを選んであげるといいでしょう。おすすめは、クレヨンやフエルトペンなど柔らかいもので、持つところが太めの持ちやすいもの。色鉛筆やボールペンなどは芯が硬く、色が出にくいので描くことがもう少し上手になってからがいいでしょう。鉛筆なら4Bくらいがおすすめです。 
クレヨンやフエルトペンを手にした子どもは、ぐるぐると意味のないなぐり描きを始めます。大人からみたら「なんだこれ?」と思うものばかりですが、子どもは「描く」「線が生まれた」ことに大満足しています。
お子さんが「描きたい」という気持ちがあるときは、何枚と制限せずに、好きなだけ描かせてあげましょう。なかには、一度に何十枚と描く子もいますので、紙はたくさん用意しておくといいでしょう。
また、お絵かきというと、画用紙やノートなど小さな紙に描かせてしまいがちですが、たまには床一杯に模造紙を広げて思う存分子どもに描かせてあげる機会と作ってあげると、子どもたちも喜びます。

ほかにも、シールを貼ったりはがしたりする遊びも大好きです。手を使う遊びは、子どもの集中力を伸ばします。いろいろな遊びを取り入れてみてください。

らくらくショッピング