カカオをカルチャーに。

2022/12/22

ショコラテリーヌの魅力とは。ガトーショコラとの違いや簡単レシピも紹介

enjoy30_01.jpg

ショコラテリーヌは口どけが滑らかで濃厚なチョコレートケーキで、お取り寄せの人気スイーツとしても話題になっています。この記事では、ショコラテリーヌとガトーショコラや生チョコレートといった他のスイーツとの違い、おいしい食べ方や簡単レシピを紹介しながら、ショコラテリーヌの魅力に迫ります。

ショコラテリーヌとは

ショコラテリーヌとは、濃厚な味わいと滑らかな舌触りが魅力のチョコレートケーキ。最初にショコラテリーヌについて紹介します。

テリーヌ型を使って焼いたチョコレートケーキ

元々、「テリーヌ(terrine)」とはフランス料理に使われるテリーヌ型や、そのテリーヌ型で焼いたもの、パテなどを指します。テリーヌ型は、パテなどを焼く陶製、四角型、長方形型の蓋付き容器です。基本的にショコラテリーヌとは、チョコレート、卵、バターなどを合わせ、テリーヌ型を使って焼いたチョコレートケーキのことです。しかし現在では、テリーヌ型を使用せずにパウンド型を使った長方形のものも含めてショコラテリーヌと呼ぶこともあります。フランス語では terrine de chocolat と言います。

濃厚なチョコレートの味わいと滑らかな舌触りが魅力

ショコラテリーヌの最大の魅力は、濃厚なチョコレートの風味と舌触り。ショコラテリーヌは小麦粉を使用せず、チョコレートにバター、卵、砂糖等を加えて作ります。そのため、しっかりとしたチョコレートの風味ととろけるような滑らかな舌触りが楽しめるのです。

ショコラテリーヌとガトーショコラ・生チョコレートとの違い

ショコラテリーヌの基本が分かったところで、ショコラテリーヌと他のチョコレートスイーツとの違いを見ていきましょう。ここでは、ガトーショコラや生チョコレートとの違いを紹介します。

ガトーショコラとの違い

日本でガトーショコラと呼ばれている菓子は、フランス語ではGâteau au chocolat(ガトー・オ・ショコラ)もしくはGâteau classique au chocolat(ガトー・クラシック・オ・ショコラ)といい、チョコレートケーキのことを指します。卵黄、砂糖、とかしたチョコレート、バターなどを混ぜ、小麦粉やココア、泡立てた卵白を混ぜてオーブンで焼き上げる、シンプルなチョコレートケーキとして知られています。
ガトーショコラは小麦粉やココアパウダーなどの粉類が入り、泡立てたメレンゲをさっくりと混ぜて焼き上げるのが特徴。一方、ショコラテリーヌはチョコレートに卵や砂糖、バターなどを配合する点は似ていますが、粉類は入れず、なるべく空気を入れないように仕込むため、まるでチョコレートを焼き固めたようなねっとりと濃厚な質感に仕上がるのが特徴です。どちらもチョコレートの風味はしっかりと楽しめますが、ガトーショコラは粉類やメレンゲが入るため、テリーヌとは異なる質感になります。

生チョコレートとの違い

前項の通り、ねっとり濃厚な質感に仕上がるショコラテリーヌは、ケーキというよりは生チョコレートの食感に近いとも言えます。では、両者の違いはあるのでしょうか?
生チョコレートは、チョコレートをベースに加温した生クリームをよく混ぜ合わせて、冷やし固めたもの。一口サイズにカットし、ココアパウダーや粉糖をまぶして仕上げます。バターや風味付けの洋酒などが入ることもあります。原材料だけを見るとショコラテリーヌと似ているように思いますが、大きな違いはショコラテリーヌには全卵を加え、焼成して作るという点です。

ショコラテリーヌのおいしい食べ方

そのままでもおいしいショコラテリーヌですが、一工夫してさらにおいしく食べるアイデアをご紹介します。

食べる時の温度を変える

ショコラテリーヌは食べる際の温度帯により、異なる食感や味わいを楽しめるという特徴があります。例えば、冷蔵庫で冷たくした状態だと、生地はしっかりと締まっていて硬さがあり、生チョコレートを食べているような濃厚な風味、口どけが楽しめます。
少し常温に置いてから食べると、やや柔らかくなり、冷やした状態よりもカカオの香りが豊かに感じられることでしょう。また、レンジで10秒ほど温めると、トロっとした食感のフォンダンショコラのような楽しみ方もできます。いずれも、製造するメーカーやお店が推奨する食べ方が基本となりますが、アレンジの参考にしてみてください。

お好みのトッピングをする

ショコラテリーヌに好みのトッピングするのも、さらにおいしく味わうためのアイデアです。
まずはシンプルに、泡立てた生クリームを添えてみましょう。生クリームは、とろりと添えられるようにゆるめに泡立てるのがポイント。砂糖の量は好みで調整してください。ショコラテリーヌは濃厚な味わいなので、あまり分厚くカットせず、1cm幅など薄めにスライスするのがおすすめです。
また、いちご、ブルーベリー、ラズベリーなどのベリー類はチョコレートと好相性。見た目が華やかになるだけでなく、ベリーの酸味がショコラテリーヌの味をさらに引き立てます。 最後に、スパイスでのアレンジもご紹介。ショコラテリーヌに使用されているチョコレートの風味にもよりますが、チョコレートと相性が良いのは、ピンクペッパーや岩塩、シナモンなど。生クリームにシナモンをかけ、ショコラテリーヌの横に添えるなどしてみてはいかがでしょうか。まずはプレーンな風味を楽しみ、自分流のアレンジを加えてみるのも良いですね。

ショコラテリーヌの簡単レシピ

最後にショコラテリーヌのレシピを紹介します。ショコラテリーヌは比較的シンプルな材料で作れるので、ご家庭でもぜひチャレンジしてみてください。ここでは蓋付きのテリーヌ型ではなく、手軽に手に入るパウンド型を用いたレシピを紹介します。

基本のレシピ

長さ16.5×幅5.5×高さ4.5㎝のパウンド型1本分
<材料>
・ダークチョコレート(カカオ分70%くらいのもの) 90g
・無塩バター 70g
・グラニュー糖 45g
・全卵 80g

<作り方>
1.パウンド型にベーキングシートを敷いておく。チョコレートは粗く刻んでおく。
2.ボウルにチョコレートを入れ、バターも一緒に湯煎にかける。バターを溶かしたところへグラニュー糖を加えて混ぜる。50℃くらいに調整する。
3.全卵が入ったボウルを湯煎にかけながら泡立て器で混ぜ、50℃くらいにする。(この時あまり空気が入らないようにし、濾してから次の工程へ。)
4.2のボウルに3を少しずつ加え、泡立て器でしっかりと混ぜる。
5.全体が均一になめらかになったら1の型に流し、170℃で20分ほど焼く。
6.冷ましてから型から外し、冷蔵庫で冷やす。
7.スライスしてそのまま食べる、もしくは生クリームやフルーツ、スパイス等を添えて楽しむ。

<まとめ>ショコラテリーヌの魅力を味わおう

ショコラテリーヌは、濃厚なチョコレートの風味を存分に楽しめる、チョコレート好きにおすすめのスイーツです。もし家庭で作るなら、選ぶチョコレートにより味も変えることができます。重厚で特別感もあるため、お友達へのプレゼントなどにも最適です。
おうちでのくつろぎタイムや、家族や大切な人とのティータイム、夕食後のデザートなどにショコラテリーヌの魅力を味わってみませんか。

Hello, Chocolate 公式SNS

最新情報やトレンド情報など発信します!

  • チュコレート検定