カカオをカルチャーに。

2021/12/24

チーズ&ワイン(1)

今回は少し上級者向け、でもとってもたのしいマリアージュのご提案です。チーズとタブレットチョコレート、そしてそこに白ワインを合わせた3つの素材のマリアージュを2パターンご紹介します! 2020年12月開催のレッスンで実施した内容で、参加者の皆様にも大好評でした。
食べる順番は、まずチョコレートを口に入れて半分ぐらいとかしたところにチーズ、そして最後にワインを口に含むのがポイントです!

cheese_wine_img01.jpg

おすすめの組み合わせ

  • ・ペコリーノ・トスカーノ
    ×フルーティ系ダークチョコレート
    (例:明治ザチョコレート ブラジル70%)
    ×イタリア シャルドネ

・ペコリーノ・トスカーノ

×

フルーティ系ダークチョコレート
(例:明治ザチョコレート ブラジル70%)

×

イタリア シャルドネ

脂肪分の高い羊のミルクを使った濃厚な舌触りのチーズに、フルーティ系のダークチョコレート、そこにコクのある穏やかな味わいのシャルドネを合わせます。ワインの果実味がチーズとカカオの香味を引き立て、トロピカルフルーツのような鮮やかな香りを存分にたのしめます。
酸がおとなしいワインなので、他のチョコレートにも合わせやすいワインですので是非お試しください!

  • ・セル・シュール・シェール
    ×フローラル系ダークチョコレート
    (例:明治ザチョコレート ペルー70%)
    ×南仏 ソーヴィニヨンブラン

・セル・シュール・シェール

×

フローラル系ダークチョコレート
(例:明治ザチョコレート ペルー70%)

×

南仏 ソーヴィニヨンブラン

セル・シュール・シェールは山羊のミルクをつかったチーズなので独特の香りがあるのですが、その香りとチョコレートのフローラルな香りがベストマッチ。そこにさらにハーブのような香りの南仏のソーヴィニヨンブランを合わせてみると、どうでしょう!鼻から抜けるすっとした香りが共通にあり、華やかな香りの一体感をたのしめます。ワインは暖かい地域のものを選ぶと、ふくよかさがあり、よりチーズとチョコレートの味わいを引き立ててくれます。

次のコラムでは、赤ワインバージョンもご紹介します!

今回ご紹介した組み合わせは、かじたいずみチーズ教室の梶田先生と、ハローチョコレート講師で選んだ組み合わせです。

Hello, Chocolate 公式SNS

最新情報やトレンド情報など発信します!

  • 工場見学に行こう!