ミルクを飲む量が少ない!?

ミルクを飲む量が少ない!?

赤ちゃんの機嫌がよく、健康で順調に発育している事が大切です。飲む量は赤ちゃんによって個人差がありますので、体重の増え方を確認してあげてください。特に2~3ヵ月頃の赤ちゃんは飲む量を自分でコントロールするようになり、必要な量より多くは飲まなくなります。欲しがるだけ与えて様子をみましょう。母乳と混合の場合は、母乳を与えた後にミルクを与えてみましょう。

体重増加が少なく機嫌も悪い場合は、飲ませ方が上手にいっていないことも考えられます。哺乳びんや乳首のサイズを工夫したり、十分におなかをすかせて与えましょう。

監修

  • 恩賜財団母子愛育会
    総合母子保健センター愛育病院・新生児科部長
    加部一彦先生
らくらくショッピング