カカオをカルチャーに。

2022/1/18

【漫画で学ぶ、チョコレート②】チョコレートのおいしさの鍵を握るのは「カカオ豆」

「カカオ」ってどんな植物?

チョコレートの原料として知られている「カカオ」が、どんな植物から出来るのかご存知でしょうか?「カカオ」はアオイ科の植物で、学名を「テオブロマ カカオ リンネ」と言います。ギリシャ語でテオは「神々」、ブロマは「食べ物」の意味。古代のメソアメリカでは、神々に捧げる特別な作物として扱われるなど、「神々の食べ物」として大切にされてきました。今回はそんな「カカオ」の生態や、収穫〜日本に出荷されるまでの流れ、「カカオ豆」を発酵させる重要性について紹介します。

チョコレートの原料になる「カカオ豆」

「カカオ」の樹になる実を「カカオポッド」と呼びます。「カカオ豆」はこの「カカオポッド」の中にある種子のこと。これがチョコレートの原料になります。

0201

ラグビーボールのような「カカオポッド」

「カカオポッド」は、ラグビーボールのような見た目です。中には30〜40個ほどの「カカオ豆」が入っており、白くヌルヌルとした果肉であるパルプに包まれています。

0202

「カカオ豆」のおいしさの秘密は"発酵"にある

「カカオ豆」にとって、発酵は重要なプロセスです。生産国での発酵が、チョコレートの香味を決めると言われるほど。「カカオ豆」をバナナの葉で覆ったり、木箱に入れたりして発酵させます。

0203

「カカオ豆」は現地の人の手作業で作られている

発酵を終えた「カカオ豆」は、更に乾燥、出荷作業などのプロセスを経て日本へやって来ます。

0204

※メイジ・カカオ・サポートでは、農園ごとにチョコレートを試作、日本から持参し、現地の方々に自分の育てたカカオで作ったチョコレートを味わってもらっています。目指すべきカカオの品質を、チョコレートを通して共通認識を持ち、産地と一緒にカカオづくりを行っています。

「カカオ豆」が出荷されるまでのプロセスにも注目してみよう!

チョコレートの原料である「カカオ豆」は、さまざまなプロセスを経て日本へ出荷されます。収穫〜出荷まで手作業で丁寧に行われていると知ると、いつも食べているチョコレートがよりおいしく感じられますね。「カカオ豆」について学ぶことが、チョコレートをより深く知る鍵になるでしょう。

※関連ページ:【漫画で学ぶ、チョコレート①】チョコレートは「カカオ」から!
※関連ページ:【漫画で学ぶ、チョコレート③】「カカオ豆」がチョコレートになるまで
※関連ページ:【漫画で学ぶ、チョコレート④】学んだ知識を活かしてチョコレートをもっと楽しもう!

Hello, Chocolate 公式SNS

最新情報やトレンド情報など発信します!

  • チュコレート検定