プロに教わる!チョコレートのワザ

チョコレート細工

いろいろな形が楽しめるチョコレート細工

テンパリングしたチョコレートは、さまざまな形にアレンジできます。ケーキの飾りにしたり、お皿に添えてもラブリー♪食べた時のパリッとした食感も楽しいです。 細工は、外しやすいようにフィルムの上で作業します。フィルムに接地したツヤツヤの面が表ですが、裏側の立体感も◎。用途によって使い分けましょう。

コルネの作り方

  • 長方形のフィルム(またはクッキングシート)を半分に切り、図のように円錐形のまるめ、先端がとがるまで、右手でフィルムをよります。合わせ目をテープで留め、チョコレートを入れたら口を折ってテープで留めます

  • 格子状

    コルネの先を1mmほど切り、左右にランダムに絞り出します。チョコレートは2色にしても。

  • 音符型

    下書きを用意してフィルムの下に敷き、コルネの先を1mmほど切ってなぞるように書いていきます。

  • 葉型

    フィルムの上にチョコレートを丸くたらし、スプーンを左上、右上の順になぞります。

  • 丸型

    フィルムの上にチョコレートを丸くたらし、指で円を描くようになぞります。

  • マーブル模様

    フィルムの上にブラックとホワイトのチョコレートを順にたらし、パレットでならします。ブラック3:ホワイト7の割合で、きれいなマーブル状になります。

  • チョコレートソースで文字を書く

    湯せんでなめらかに溶かしたチョコレートなら、お皿やプレートに文字を書くこともできます。お誕生日や記念日に、書いて出したらとってもおしゃれ。途中で切れにくいので、書きやすさも抜群。文字だけでなく、イラストも可能なので、さまざまなアイデアを駆使して、試してみて。
    フィルムやクッキングシートで作ったコルネに入れて、なぞるように書いても糸を引くように書いてもOK。押し出すのを止め、静かに上に引き上げると書き終わりがきれに仕上がります。

ワンポイントアドバイス

チョコレートが途中で固まってしまわないように、テンパリングする前に、コルネ、フィルム、ハサミなど必要な道具を準備しておきましょう。

最近見たレシピ 最近見たレシピ