鶏肉のサルティンボッカ風 春野菜マリネ添え

サルティンボッカは「お口に飛び込む」という意味。チーズと生ハムのハーモニーは絶品です!

鶏肉のサルティンボッカ風 春野菜マリネ添え
  • 手早く作れておいしいことから、サルティンボッカとはイタリア語で「(おいしさのあまり)口に飛び込む」という意味です
  • ソテーした鶏むね肉にチーズと生ハム、セージをのせてオーブンで焼きます
  • 春野菜のマリネを添えれば、おもてなしの1品にも

栄養価/1人分

エネルギー 388kcal
たんぱく質 31.1g
カルシウム 236mg
食塩相当量 1.8g
調理時間 30分

材料(4人分)

  • 菜の花

    1束(200g前後)

  • 新玉ねぎ

    1/2個(50g位)

  • ミニトマト

    4〜5個

  • *A

  • 白ワインビネガー

    大さじ2

  • レモン汁

    大さじ1

  • 小さじ1/2

  • こしょう

    少々

  • おろしにんにく

    小さじ1/5

  • オリーブ油

    大さじ3

  • 鶏むね肉

    400g

  • 小さじ1/5

  • こしょう

    少々

  • 小麦粉

    大さじ2強

  • オリーブ油(ソテー用)

    大さじ2

  • 明治北海道十勝スマートチーズチェダーブレンド

    8個

  • セージの葉(あれば)

    8枚程度

  • 生ハム

    8枚(40g)

  • 白ワイン

    大さじ2~3

作り方

レシピの読み方
下準備
  • 菜の花は塩少々(分量外)を入れた熱湯で固めに茹で、冷水にとり絞っておきます。
  • オーブンは190℃に温めておきます。

  • 1) 菜の花は食べやすい大きさに切り、新玉ねぎは縦薄切り、トマトは粗みじんに切ります。
  • 2) ボウルにAを入れてよく混ぜ、かき混ぜながらオリーブ油を少しずつ加えます。全体が白っぽくなったら、1)を入れて馴染ませます。
  • 3) 鶏肉は1cm厚さのそぎ切りにして8切れ分用意します。肉たたきなどで叩いて軽くのばし、塩、こしょうをしてから茶こしなどを使って小麦粉をうすく振りかけます。
  • 4) フライパンでオリーブ油を熱して3)の両面をこんがりと焼きます。
  • 5) 耐熱皿に4)を並べ、チーズ、セージ、生ハムの順にのせてから、白ワインを振りかけ、オーブンで10分程チーズが溶けてこんがりとするまで焼きます。
  • 6) 5)を盛り付けて2)を添えます。

ワンポイントアドバイス

肉たたきがない場合は、めん棒やすりこぎなどで代用できます。
オーブントースターでも作ることができますが、焦げやすいので時々様子を見て焼いてください。

このレシピをプリント