企業情報 > プレスリリース

プレスリリース

企業情報

  • ごあいさつ
  • 明治グループ理念体系
  • 会社情報
  • 会社情報
    • 会社概要
    • 本社アクセスマップ
    • 役員一覧
    • 事業所紹介
    • グループ会社紹介
    • 沿革
    • 電子公告
  • 事業案内
  • 事業案内
    • 発酵デイリー
    • 加工食品
    • 菓子
    • 栄養
    • 海外

プレスリリース

プレスリリース

研究開発

CSR活動

CSR活動

品質への取り組み

明治ホールディングス

  • IR/投資家情報
  • 経営計画
  • 2020中期経営計画
  • 採用情報

Meiji Seika ファルマ株式会社「Meiji Seika ファルマについて」

PDFをご覧いただくにあたって

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader のプラグイン(無償)が必要となります。 ダウンロードしてご覧ください。

Get ADOBE READER

アーモンド入りチョコレートの健康効果
アーモンド入りチョコレート継続摂取による健康増進効果
〜便通・肌荒れ改善効果を発見〜
11月16日にメディアセミナー実施


2016/11/16

株式会社 明治(代表取締役社長:川村 和夫)は、“アーモンド入りチョコレートの健康効果”について「メディアセミナー」(会場:東京国際フォーラム)を実施しました。
アーモンドチョコレートの継続摂取により、便通の改善効果や肌荒れ状態をよくする結果が得られたことを発表しました。

【内容】

■演題名
アーモンド入りチョコレート継続摂取による健康増進効果に関する探索研究

■概要

30歳以上60歳未満の健康な日本人女性 (17名:排便回数が週2回以上4回以下で、BMI 23.0 kg/m2以上)に、アーモンドチョコレートを1日8粒摂取、8週間継続して頂き、非摂取群(16名)の方と比較しました。その結果、アーモンドチョコレート摂取群のみに便通改善効果が有意に認められました(摂取前平均排便回数3.9回/週⇒摂取4〜8週間後6.0回/週;図1)。

またアーモンドチョコレート摂取により、8週間後の肌(前腕部)の多重剥離度が低下しました(図2)。肌の多重剥離度は、角質のターンオーバー(新陳代謝)が正常に行われているかの指標になります。肌が荒れた状態で、ターンオーバーが正常におこなわれないと、この数値が高くなり、今回数値が低下したため、肌荒れの状態がよくなったといえます。

また自覚症状によるアンケートでも「肌の調子がよい」と回答した人が摂取群において非摂取群より多く見られ、改善効果が自覚症状でも裏付けられた結果となりました(図3)。これらの結果から、アーモンド入りチョコレートの摂取で便通の改善効果とともに肌荒れ改善効果の可能性が示唆されました。

図1.排便回数推移(回/週)
図2. 多重剥離度※(8W)(前腕)
図3. 肌の調子のアンケート(8W)

※VAS Visual Analogue Scale
自覚アンケートなどで用いられている評価法で、頭文字をとってVASと呼んでいます。今回は黒い線の左端が「非常に悪い状態」右端が「非常に良い状態」として、パネラーに、現在の肌の状態がどの程度かを位置で指し示してもらいます。左端からの距離で数値を表し、数値が高ければ、肌の状態が良い状態を示します。よって、摂取前後比較で数値が上がっている場合、肌の状態が良くなったと感じていることを示します。

ご参考

アーモンド入りチョコレート継続摂取による健康増進効果

アーモンド入りチョコレート継続摂取による健康増進効果

●便通改善効果が有意に認められた
→平均排便回数が3.9回から6.0回に
●多重剥離度が低下
→肌荒れが改善
●肌に関する自覚アンケートで肌の調子がよいと回答する方が多かった
→肌の状態が改善