市販用バター価格改定のご案内

2009/04/28
(発行:2009/04/27)

 明治乳業株式会社は、2009年6月1日より、市販用バターのメーカー希望小売価格の改定をさせていただきます。
 国内の酪農生産者の生乳生産にかかる経費は、穀物の高騰による飼料価格の上昇等により大幅に増大し、酪農経営は極めて苦しい状況に追い込まれ、酪農家戸数も急速に減少しております。このような酪農事情を踏まえ、生産者団体と乳業各社との乳価交渉により、2008年度は異例とも言える年度内2回目となる生乳取引価格の引き上げが決定いたしました。
 当社としましては、これまで物流の合理化、製造コストの低減などコスト削減に向け鋭意取り組んで参りました。しかしながら、コストアップは企業努力の範囲内では、吸収できない厳しい状況となっております。
 つきましては、引き続き安全・安心で高品質の商品をお届けするため、下記の通りメーカー希望小売価格の改定をさせていただきます。当社は、今後ともコスト削減に向けた努力を継続して行ってまいります。

対象商品

市販用計2品目

改定価格

*価格は全て税別

商品名容量現メーカー
希望小売価格
新メーカー
希望小売価格
希望小売アップ額価格改定率
バター明治北海道十勝バター200g350円365円15円4.3%
明治北海道十勝バター食塩不使用200g380円400円20円5.3%

改定率

約4.3%〜5.3%
*対象商品の希望小売価格ベースでの値上率

改定日

2009年6月1日より