研究本部「ISO14001」認証取得のお知らせ

2008/11/07
(発行:2008/11/06)

 当社研究本部は、(財)日本規格協会から環境マネジメントに関わる国際規格であるISO-14001(JISQ14001)を認証取得しましたのでお知らせいたします。
 当グループでは、1998年12月に軽井沢工場並びに群馬工場が牛乳・乳製品工場では初めてISO-14001(JISQ14001)の認証を取得して以来、これまでに全工場(25工場)、本社(東京都江東区新砂)、8支社支店、関係会社20社が取得しています(10月30日現在)。
 当グループの環境保全としては、主に省エネルギー・省資源・廃棄物の減量・法規制の遵守などを中心に積極的に取り組んでおります。今後におきましては、既に取得済みの事業所においては継続的な改善を図ります。また、2008年度中の明治乳業全事業所の認証取得を目標に、認証取得を目指すとともに、関係会社の支援を行ってまいります。

研究本部

1.所在地:〒250-0862 神奈川県小田原市成田540番地
2.研究企画部長名:伊藤 裕之
3.登録範囲:明治乳業株式会社研究本部
牛乳、乳製品、食料油脂類、清涼飲料水、冷凍食品、医薬品及びその他食品などの研究開発、
並びに乳製品及び医薬品の製造における
・効率的な研究開発による環境負荷低減
・省エネルギー(電気、燃料)
・廃棄物の削減(リデュース)及び再資源化(リサイクル)
・省資源(コピー紙)
・地域社会との共生
を推進するための環境マネジメントシステム
4.登録番号:JSAE-1436
5.登録日:2008年10月20日

参考:

(1)ISO(International Organization for Standardization)とは
国際標準化機構のこと。様々な分野での国際的な「交換」を容易にするための諸規則を取り決め、これを普及促進させることを目的としている。

(2)ISO-14001とは
ISOシリーズの中におけるEMS(Environmental Management System:環境管理システム)を指す。内容としては、環境管理を実行し、維持していくための組織の構造、責任・権限の体系、運用、手続きを定めた規定・標準類、プロセス、経営資源をいう。
規格としてはISO-14001が1996年に正式に発行され、2004年12月に改正された。