最終ランナーが運ぶ“5つの約束”

このページを印刷

出来上がった製品を工場から販売店や問屋、量販店の物流センターに届けるのが物流の仕事。いわばリレーの最終ランナーです。品質管理のポイントも多岐にわたり、それを実践していく上でキーワードにしているのが「製品」「数量」「鮮度」「時刻」「態度」の5つです。これらはお客様にご満足いただき、そしておいしく召し上がっていただくための注意点として設けた約束事です。
どれも一見当たり前のことと思われるかもしれませんが、1年を通して休みなく商品を運び続ける中で、スタッフ作業者一人一人が“5つの約束”をきちんと自覚することが品質保証につながっています。

「製品」「数量」「鮮度」「時刻」「態度」の約束を守る

物流における品質は5つの約束事を設けています。
最初の一つが「製品」。製造されたものが、形が壊れたり変質したりしないよう取り扱いには細心の注意を払います。例えば落下などの衝撃や輸送中の振動、製品によっては照明による光の影響を受けやすいものもあります。また、保管や輸送時の温度管理も「製品」の品質を保つための重要な要素です。
二つ目は「数量」。お客様からの注文数を過不足なくきちんとお届けします。人為的なミスを極力防ぐためコンピュータでシステム管理をしたり、複数の作業者が二重三重でチェックを行います。 三つ目は「鮮度」。先に作ったものから納品する先入れ先出しを守っています。この基本となる大原則を実行するために、製品群ごとに独自の入出庫管理システムを構築し、運用しています。
四つ目は「時刻」。倉庫から納品先までの経路やかかる時間をあらかじめシミュレーションし、指定の納品時刻を順守します。
最後は「態度」。車を運転して製品を運ぶことは、交通社会の中で社外の方々と接する業務でもあります。明治の製品を乗せた配送車は365日、日本中を走っています。ドライバーには一人一人が配送員作業標準にのっとった運転マナーや接客態度を守るよう指導をしています。
 

トレーサビリティなど管理体制のさらなる強化

 製造履歴や配送履歴をすべて記録し、追跡ができるトレーサビリティにも力を入れています。

製品の製造履歴や、納品先、数量、運送会社などの配送履歴をすべて記録し、もしも何か問題が発生した場合はさかのぼって追跡ができるトレーサビリティにも力を入れています。
特に牛乳やヨーグルトなどチルド商品については、問題が生じれば該当倉庫からの出庫を瞬時にストップするなど、リアルタイムな対応が可能なシステムを構築しました。
さらに、フードディフェンスも視野に、監視カメラなどの施設管理や、工場や倉庫への外来者のアクセス制御などの体制を整えています。

今後は、牛乳販売店からの受注にインターネットを介したツールなども検討中で、受注ミスをなくし、利便性を高める工夫もしていきます。
食品の安全安心への関心が高まる中で、万が一に備えることは食品を扱うメーカーの責務。物流工程における品質管理システムも、さまざまな改良を加えながら進化させています。
 

スタッフからひとこと「常に現場を意識して行動する」

「三直三現」という言葉があります。何かあれば直ちに現場に行って、直ちに現状を確認し、直ちに現実的な対応をとる。これは製造現場だけでなく物流業務にも当てはまる言葉という気がしています。本社のデスクで運営方法を考えることももちろん大事ですが、常に現場を意識して行動することが、品質管理をしていく上では欠かせません。某映画のセリフではありませんが「事件は現場で起きている!」という現場感覚を、私は忘れたくないと思っています。

佐藤 大作物流品質 担当

スタッフからひとこと「一人一人が愚直に仕事と向き合う」

食品の物流なので“安全”を守るのは当然ですが、同時に私たちは“安心”も運ばなくてはいけません。“安心”はお客様の気持ちのことなので定義は難しいのですが、そのぶん万が一も許されないという自覚を持って業務にあたっています。また、いろいろなことをシステム化している一方で、最後は“人”という思いもあります。高度なシステムを扱うのは人であり、人と人とが協力し合わなければ進化もないでしょう。そういう意味で、まずは一人一人が愚直に仕事と向き合うことが物流品質の向上につながると信じています。

村田 信之物流 担当(チルド温度帯商品)

スタッフからひとこと「ごく当たり前と思われていることをきちんと継続する」

出来上がった商品を運ぶのが物流の仕事です。出来て当たり前と思われると同時に、もしもトラブルなどがあれば減点法で評価される仕事でもあります。例えば、学校給食で「今日は牛乳がない」なんてことはないと思いますし、欲しいものを買いにスーパーなどに行けば普通はあります。そんな風にごく当たり前と思われていることをきちんと継続することが、食の物流を担う私たちの使命であり、大変さですね。だから常に100点を維持するために、先回りして物事を考え、作業者の教育をしていくことが物流品質を守ることにつながると思っています。

師尾 仁物流 担当(ドライ・フローズン温度帯商品)

このページのTOPに戻る

物流機能 ケーススタディ

物流機能 ケース・スタディ 埼玉・戸田工場
「製品」を維持する一番の鍵は温度管理

品質を確保するための5つの約束、「製品」「数量」「鮮度」「時刻」「態度」は具体的にどのように実践されているのでしょう。そこには現場ならではのさまざまな苦労や工夫があります。
牛乳やヨーグルト、クリームなど約300種類のチルド商品を扱っている埼玉・戸田工場の例を見ていきます。

「製品」を維持する一番の鍵は温度管理

“5つの約束”の一つ目の「製品」は、製造されたままの状態で牛乳宅配店や問屋、量販店の配送センターにお届けするという約束です。そのために最も気を使うのが、倉庫(冷蔵庫)や配送車内の温度管理。牛乳やヨーグルトなどは10℃以下、クリームは2〜4℃で管理をしています。
倉庫は外の熱の流入による温度上昇を最小限に抑えるため、扉は高速シートシャッターを採用。また、冷風機の吹き出し口付近の製品には冷風が直接当たらないようにしています。広い庫内の各所に温度センサーを設置して、庫内温度を常時モニタリングし、もしも異常があれば直ちに対応します。
また、「明治ブルガリアヨーグルト」などは独特のつるりとした組織と食感を保つために、振動や衝撃は禁物です。輸送中の車の揺れで中身が崩れないように仕切りのクッションを挟むなどして、製品の保護には特別の対策をしています。

入出庫管理システムと作業者の連携で「数量」ミスを失くす

戸田工場では約300種類の商品を、毎日約800カ所に配送しています。2つ目の約束は、この配送の受注した「数量」を確実に納品するという約束です。
戸田工場に限らず、チルド商品を扱っている全国の工場で、明治が独自に開発した入出庫管理システムを運用しています。入出庫管理システムは製品の受注・在庫データにもとづき、納入先ごとの品揃え指示を、作業者が携帯するハンディーターミナルに表示します。作業者はハンディーターミナルが示す順番通りに品種と数量を品揃えすることによってミスを防止しています。さらに製品を配送車へ積み込むときには、ドライバーによるダブルチェックが行われます。
ダブルチェック結果のフィードバックや改善提案の検討等、コミュニケーションと業務連携を進めることで、物流品質のさらなる向上につなげています。

物流品質は「時間」との戦い

物流は、決められた時刻に確実に納入することを前提としながら、一方で高い効率が求められます。これらを達成するために物流における一つ一つの作業はすべて「時間」が決められています。
冷蔵庫から商品をピッキングする際は、入出庫管理システムに登録されている時刻を守り、配送車両の入場時刻や出発時刻もあらかじめ決められた時刻に従います。
また、広域輸送の時間管理は高速道路を使った幹線の輸送ネットワークを前提にしています。そのため、予期せぬ降雪などで道路事情が混乱した場合は、店頭での品切れといったトラブルを最小限にとどめるよう、即時の的確な判断も品質の一つと認識しています。

入出庫管理システムで徹底管理された「鮮度」

牛乳やヨーグルトなどチルド商品にとって「鮮度」を守ることは非常に重要です。お取引先の店舗では賞味期限をもとにした管理がなされており、配送や納入においてはこの管理を達成するシステムを構築し運用しています。例えば、入出庫管理システムには賞味期限の逆転防止機能が組み込まれており、前回納入時よりも古い日付のものを品揃えしようとするとエラーになり、先入れ先出しの原則が必ず守られる仕組みになっています。

最終工程だからこそ重要な配送者の「態度」

商品を配送するドライバーの「態度」も大切な物流品質の一つです。
ドライバーは常に配送員作業標準に乗っ取って業務にあたっています。交通法規を守り事故防止に努めることはもちろん、急ブレーキ等で商品にダメージを与えないことや、周囲や環境に配慮した運転マナー、清潔な身なり、応対などの順守事項が記載されており、定期的に指導も行っています。

どんなに良い商品も、それを届ける物流が最終的に品質を左右するという意識で、その鍵となる“5つの約束”を守っていきます。

地域との共生も品質の大切なキーワード

戸田工場は西日本から東日本に向けて運ばれてくる製品のストック場所でもあるため、車両台数が特に多く、1日に約150台が出入りしています。地域の皆様にご迷惑をおかけすることがないよう、入出庫の時間調整を細かく管理することによって、待機騒音を極力減らしています。

スタッフからひとこと「明治と酪農家は信頼し合える関係に」

明治の各工場で作り上げた良い品質の商品を、実際に商品を購入するお客様に満足していただけるよう、良い品質のままお届けすることが私たち物流担当の使命だと考え、その維持・向上を目指して日々の物流業務に携わっています。
そのことを大前提におきながら、物流担当として、お取引様との関係において少しでもお役に立てることを考えていきたいと思っています。そのために、配送員や庫内作業者の皆さんと密に連携を取り合い、より良い関係を築いていきたいと思います。

土谷 直人物流 担当

 

このページのTOPに戻る