明治の品質方針

明治では、明治グループ理念体系に基づき、独自の品質マネジメントシステム「明治 品質コミュニケーション(愛称:Meiji Quality Comm)」として構築し、品質への取り組みを日々強化しています。

Meiji Quality Commでは「品質」というものを、製品の「安全」と「価値」であると考えています。

品質=安全+価値
安全

食品メーカーとして、製品の安全性を担保することは基本中の基本です。当社は、フードチェーン全体に存在するリスクを顕在化してリスク評価を行い、リスクを許容できるレベルまで合理的に低減するための手順を決定し実行しています。

価値

明治がお客様と共有したいと考えているベネフィットであり、商品に込めた思いとこだわりです。当社は、すべての機能部門が製品の持つ価値を実現するために役割を全うし、価値ある製品をお客様にお届けすることを目指しています。

そして、製品の「安全」と「価値」を守っていること、そのために当社が実践していることをステークホルダーに伝えることによってお客様の信頼と満足を獲得し、その先にある明治ブランドの価値向上を目指します。

Meiji Quality Commでは、品質マネジメントの原則、指針を「品質方針」として宣言します。

明治の品質方針

私たちは、「おいしさ·楽しさ·健康·安心」の世界を拡げるため、お客様にお届けすべき品質を「約束する品質」として共有します。そして従業員一人ひとりが「食と健康」のプロフェッショナルとして以下における役割を果たし、お客様の期待にお応えします。

  1. 1.
    「約束する品質」を実現するために、開発·設計、調達、生産、物流、販売・コミュニケーションのすべての組織で最適なシステムを運用します。
  2. 2.
    お客様に誠実に向き合い、お客様の信頼と満足を獲得していきます。
  3. 3.
    法令を遵守し、高品質で安全な商品とサービスを提供します。
イラスト:「品質方針」、「品質保証規定」、「品質品質保証基準」のピラミッド図

そして「品質方針」に基づいて、開発・設計、調達、生産、物流、販売・コミュニケーションに至る機能部門が、それぞれの仕事において品質を守るうえでの重点事項を「品質保証規程」として明らかにしています。
さらに具体的に実行すべき仕事の内容や、判断のための基準を「品質保証基準」として定め、開発・設計から販売・コミュニケーションまですべての機能において、マネジメントサイクルを回し改善を継続し、お客様の信頼と満足を得られるよう努めています。また、これらの活動について、トップマネジメントレビューを行い、品質活動を評価しています。

Meiji Quality Commは、お客様の満足を追求する当社共通の姿勢です。