TOPへ戻る

「明治ほほえみ」「明治ほほえみ らくらくキューブ」は、牛乳、食事では摂りにくい栄養を力強くサポートします。【オンリー1】※2

母乳で育つ赤ちゃんと同じ成果を目指して生まれた粉ミルク

赤ちゃんにとっていちばんの栄養はママの母乳です。乳児用ミルク「明治ほほえみ らくらくキューブ」は母乳をお手本に作られていますので、「離乳の完了期」、1歳頃まで母乳の代わりとしてお使いいただけます。

赤ちゃんの命を支えるたんぱく質

たんぱく質の量と質を母乳に近づけています。

赤ちゃんの成長のために良いものを配合し、母乳にないものを減らす、この両方が大切です。
ひとつの成分だけでなく、たんぱく質全体のバランスを母乳に近づけています!

母乳調査から導き出された赤ちゃんの成長・発育を支えるたんぱく質の質と量を設計。

「明治ほほえみ」に含まれるたんぱく質、カゼインと乳清たんぱく質の総量が母乳とほぼ同じであることを示す図

●カゼインと乳清たんぱく質の総量
乳たんぱく質は、大きく分けてカゼインと乳清たんぱく質に分けられますが、明治ほほえみはこの2つのたんぱく質の総量が、母乳とほぼ同じ量となっています。
●乳清たんぱく質のバランス
乳清たんぱく質の中には“消化しやすいタンパク質と”があります。明治ほほえみは、独自の技術によって、“消化しやすいたんぱく質”は母乳に近づけたまま、“消化しにくいたんぱく質”を選択して分解しています。
日本アミノ酸学会 「科学・技術賞」を受賞 母乳分析研究成果の活用。発育調査による栄養設計の妥当性確認。

赤ちゃんの成長に大切な脂質『DHA・アラキドン酸』

DHAもアラキドン酸(ARA)も母乳の範囲、日本でたった1つの粉ミルク。

母乳調査からみえてきた赤ちゃんの成長を支える大切なDHAとアラキドン酸も母乳の範囲まで配合。

赤ちゃんの発育にとってアラキドン酸(ARA)とDHAのそれぞれの量が重要です。
「明治ほほえみ」は日本で唯一、アラキドン酸(ARA)、DHAの両方を母乳の範囲まで配合しています。
オンリー1※2

  • 明治ほほえみに含まれるDHAの量が母乳の範囲まで達していることを示す図※1(100g中100mg配合)。配合量No.1※2
  • 明治ほほえみに含まれるアラキドン酸(ARA)の量が母乳の範囲まで達していることを示す図※1(100g中67mg配合:日本初!母乳の範囲まで配合)。配合量No.1※2 (※1 母乳の範囲に相当する成分量 ※2 明治調べ(2013年9月時点)

母乳に含まれる微量成分

「母乳調査」が、活かされています。

「明治ほほえみ」は、母乳調査※3を活かして、赤ちゃんの成長にとって非常に大切な「セレン」の量を、母乳の範囲まで配合しました。

オンリー1 当社調べ(2013年9月時点) 明治ほほえみが、日本で初めて、母乳の範囲までセレン(微量ミネラル)を増量【2.1µg/100kcal】。母乳の範囲(当社分析値)は2.0~3.6µg/100kcal。
  • ※3 セレンを含む多くの母乳調査の結果は、食事摂取基準に採用されています。

商品のお買い求めは お近くのドラッグストアまたは、ベビー専門店へ

商品情報はこちらパッケージにもこだわっています

\インターネットでの購入はこちら/

らくらくショッピング

ママと家族の育児応援サイト【ほほえみクラブ】 妊娠期から3歳まで。お子さまの成長にあった役立つ情報いっぱい!!

↑戻る