TOPへ戻る

「明治ほほえみ」「明治ほほえみ らくらくキューブ」は、牛乳、食事では摂りにくい栄養を力強くサポートします。【オンリー1】※2

4千人のママと20万人の赤ちゃんと一緒につくりました。

明治は、粉ミルクのひとつひとつの成分を母乳に近づけ、母乳で育つ赤ちゃんの成長を目指す、「母乳サイエンス」に取り組み続けています。これまで、その取り組みとして、4千人以上のお母さまの母乳を分析する「母乳調査」を実施し、また、40年以上にわたって「発育調査」を実施することで、延べ20万人以上の赤ちゃんの発育を調べ続けてきました。

  • 明治のこだわり 20万人以上の赤ちゃんの発育調査 【母乳で育った赤ちゃんと「明治ほほえみ」を飲んで育った赤ちゃんの体重分布グラフ:発育調査で「明治ほほえみ」のたんぱく質・脂質などの個々の設計や、トータルの栄養設計が適切であることを確認しています。】40年以上にわたり、20万人以上の赤ちゃんの発達を調査:1972年以来、40年にわたる12回の調査により、20万人以上の赤ちゃんの体重や身長、病気へのかかり具合をお母さん方から直接お伺いしてきました。赤ちゃんの“声”を聞くことから始める明治の粉ミルクは、母乳で育つ赤ちゃんの成長を目指しています。(調査の実施時期は下の年表に記載しています)
  • 明治のこだわり 4000人以上の母乳調査 日本全国4000人以上のママから提供いただいた母乳を調査:1979年、1988年~1999年にかけて、日本全国で4000人以上のお母さま方から大切な母乳をご提供いただき、たんぱく質濃度、エネルギー密度などの基礎的な情報をはじめ、多くの貴重な情報を教えていただきました。「明治ほほえみ」は、母乳から教わった大切な情報が活かされ、より母乳に近づくことができています。(調査の実施時期は下の年表に記載しています)
  • 【「明治ほほえみ」を飲んで育った赤ちゃんの成長を調査・確認】 製品化
  • 研究開発・改良:赤ちゃんの発育調査と母乳調査のデータを活用