特別用途食品とは?

特別用途食品とは?

その他の項目

特別用途食品制度について

・特別用途食品とは、乳児の発育や、妊産婦、授乳婦、えん下困難者、病者などの健康の保持・回復などに適するという特別の用途について表示するものです。
・特別用途食品として食品を販売するには、その表示について国の許可を受ける必要があります。
・特別用途食品には、病者用食品、妊産婦・授乳婦用粉乳、乳児用調製乳、えん下困難者用食品、特定保健用食品があります。

消費者庁許可 特別用途食品「総合栄養食品」(病者用)

「総合栄養食品」の許可表示(一例)

※コーンスープ味のみ「明治メイバランス」が「明治メイバランス コーンスープ味」と表示が変わります。

※総合栄養食品の表示許可を取得している商品は、ミルクテイストシリーズ(コーヒー味、ストロベリー味、ヨーグルト味、バナナ味、コーンスープ味、フルーツ・オレ味、抹茶味)の7品目です。

「総合栄養食品」の分類図

「総合栄養食品」の栄養成分の考え方

食事として摂取すべき栄養素がバランス良く配合されており、国の審査のもと製造方法・品質・安全性が認証されている総合栄養食品です。

表1(栄養成分等の基準)

  100mL(又は100g)当たりの熱量
熱量 設定せず
成分 100kcal当たりの組成
たんぱく質※1 2.2~7.8g
脂質※2 1.8~6.7g
糖質 40~72%
(熱量比として)
食物繊維
ナトリウム 30~315mg
ナイアシン 0.4mgNE~30※3(7※4)mg
パントテン酸 0.16mg以上
ビタミンA 26μgRE~150μgレチノール※5
ビタミンB1 0.04mg以上
ビタミンB2 0.05mg以上
ビタミンB6 0.05~5.2mg
ビタミンB12 0.10μg以上
ビタミンC 4mg以上
ビタミンD 0.2~5.0μg
ビタミンE 0.2~43mg
ビタミンK 3~19μg
葉酸 10~108μg
塩素 40~360mg
カリウム 62~330mg
カルシウム 26~125mg
0.2~2.7mg
マグネシウム 11~62mg
リン 32~175mg

表2(標準範囲)

成分 100kcal当たりの組成
ビオチン 2.0μg以上
亜鉛 0.28~2.2mg
クロム 0.4~10.5μg
セレン 0.8~22.3μg
0.03~0.5mg
マンガン 0.14~0.55mg
モリブデン 0.8~30μg
ヨウ素 6~150μg

※1 アミノ酸スコアを配慮すること。
※2 必須脂肪酸を配合すること。
※3 ニコチンアミドとして
※4 ニコチン酸として
※5 プロビタミン・カロテノイドを含まない。

※消費者庁「健康や栄養に関する表示の制度について」

https://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/
(2022年4月12日確認) 一部改変

  • 特別用途食品とは?
  • Q&A

サポート