企業情報 > プレスリリース

プレスリリース

企業情報

  • ごあいさつ
  • 明治グループ理念体系
  • 会社情報
  • 会社情報
    • 会社概要
    • 本社アクセスマップ
    • 役員一覧
    • 事業所紹介
    • グループ会社紹介
    • 沿革
    • 電子公告
  • 事業案内
  • 事業案内
    • 発酵デイリー
    • 加工食品
    • 菓子
    • 栄養
    • 海外

プレスリリース

プレスリリース

研究開発

CSR活動

CSR活動

品質への取り組み

明治ホールディングス

  • IR/投資家情報
  • 経営計画
  • 2020中期経営計画
  • 採用情報

Meiji Seika ファルマ株式会社「Meiji Seika ファルマについて」

PDFをご覧いただくにあたって

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader のプラグイン(無償)が必要となります。 ダウンロードしてご覧ください。

Get ADOBE READER

明治と渡嘉敷とかしき来夢らむ選手がサポート契約※1を締結
〜プロテインブランド「ザバス」がカラダづくりをサポート〜


2019/08/07

株式会社 明治(代表取締役社長:松田 克也)は、女子バスケットボールプレーヤーの渡嘉敷来夢選手(JX-ENEOSサンフラワーズ所属)と、プロテインブランド「ザバス」を活用したサポート契約※1を締結しました。

これまでザバスは、記録を更新したい!勝利をつかみたい!と願う、多くのトップアスリートのパフォーマンスアップを、35年以上にわたってサポートしてきました。当社は、「『食と健康』のプロフェッショナルとして、常に一歩先を行く価値を創り続ける」という、グループ理念のもと、アジアカップ4連覇、そして世界大会での金メダル獲得に挑む渡嘉敷来夢選手を、食と健康の分野で強力にサポートしてまいります。

■契約概要

「ザバス」を中心とした当社商品の提供に加え、カラダづくりを目的とするプロテインの摂取を中心としたスポーツ栄養サプリメントの摂取指導、食事環境の確認や改善提案など、食と健康の分野で総合的にサポートを行います。

■渡嘉敷来夢選手のプロフィール

生年月日:
1991年6月11日(28歳)
出身地:
埼玉県春日部市
出身校:
桜花学園高等学校
身長:
193cm
ポジション:
CF
所属クラブ:
JX-ENEOSサンフラワーズ
【プレイ歴】
豊春中、春日部東中→桜花学園高→JX-ENEOS
→シアトル・ストーム(WNBA)→JX-ENEOS
【代表歴】
2008年 U18アジア選手権 優勝
2011年 アジア選手権 3位
2013年 アジア選手権 優勝(MVP・ベスト5)
2013年 東アジア大会 準優勝
2014年 ワールドカップ 14位
2015年 アジア選手権 優勝(MVP・ベスト5)
2016年 リオオリンピック ベスト8
渡嘉敷来夢選手

※1 サポート契約とは、当社商品の提供をするとともに、スポーツ栄養サプリメントの摂取に関する指導を通じて、カラダづくりをサポートしていく契約のことです。

■契約締結にあたっての渡嘉敷選手のコメント!

「栄養セミナーでカラダが食べるものでできているという話を聞き、食事を考えられるようになりました。アメリカに行ってからは、特にプロテインが大事だと感じ、疲れて食べられない時も本当に助かっています。最近はデザート感覚で間食にもプロテインをとっています。さらに良いタッグを組ませていただいたので、自分がしっかりと結果を出して、バスケットボールをやっている小中高生やファンの方など、いろいろな方にザバスの良さを伝えられたらなと思っています!」

■当社が継続して行うスポーツ界への栄養情報の普及

当社は、プロアスリートから日常生活で運動をされる方まで、目標に向かってスポーツをする全てのスポーツパーソンの自己実現を応援しています。

また、運動と栄養の両面から健康を支えるために、管理栄養士によるアスリートへの栄養指導のほか、部活生への栄養セミナーを実施するなど、カラダづくりや健康に役立つ情報発信を行っています。さらに、各競技団体との連携による世代別トップチームへのサポートも展開し、蓄積したスポーツ栄養のノウハウをアスリートの競技力向上に役立てられるよう取り組んでいます。

■「ザバス」のご紹介

1980年より発売し、多くのお客さまから支持されているNo.1※2プロテインブランドです。スポーツ現場で培った豊富な知見とエビデンスに基づいた商品の開発、設計が源となり、トップアスリートから部活生、スポーツジュニアまで、幅広いニーズにお応えし、展開しております。

※2 インテージSDI プロテイン市場2017年4月〜2019年3月 ブランド別累計販売金額