企業情報 > プレスリリース

プレスリリース

企業情報

  • ごあいさつ
  • 明治グループ理念体系
  • 会社情報
  • 会社情報
    • 会社概要
    • 本社アクセスマップ
    • 役員一覧
    • 事業所紹介
    • グループ会社紹介
    • 沿革
    • 電子公告
  • 事業案内
  • 事業案内
    • 発酵デイリー
    • 加工食品
    • 菓子
    • 栄養
    • 海外

プレスリリース

プレスリリース

研究開発

CSR活動

CSR活動

品質への取り組み

明治ホールディングス

  • IR/投資家情報
  • 経営計画
  • 2020中期経営計画
  • 採用情報

Meiji Seika ファルマ株式会社「Meiji Seika ファルマについて」

PDFをご覧いただくにあたって

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader のプラグイン(無償)が必要となります。 ダウンロードしてご覧ください。

Get ADOBE READER

東京2020オリンピック・パラリンピック ホストタウン事業を連携して実現
東京都東村山市と東京2020オリンピック・パラリンピック
ホストタウン事業に関する協定を締結
東村山市と連携し、健康・食などの地域課題も解決


2019/07/25

株式会社 明治(代表取締役社長:松田 克也)は、中華人民共和国を交流国として東京2020オリンピック・パラリンピックのホストタウン事業を行う東京都東村山市と、ホストタウン事業の推進や地域課題の解決に向け連携することを目的に、7月24日(水)に「ホストタウン事業に関する連携協定」を締結しました。

締結式の様子

当社は東京2020のゴールドパートナー(乳製品・菓子)として、大会成功に向けた取り組みや機運醸成に向けた取り組みを推進しています。また、東村山市が交流を行う中華人民共和国蘇州市には、当社の牛乳・ヨーグルトなどの生産拠点を設けており、当社にとっても非常に関係が深い都市となっています。

このような背景から、東京都東村山市と協定を締結し、ホストタウン事業に関する連携を通じて、地域における機運の醸成を図るとともに、東京2020オリンピック・パラリンピック後の健康や食に関する地域課題の解決に向けた取り組みも連携し推進していきます。

  • 【連携・協定事業概要と予定している具体的な取り組み】
  • (1)中華人民共和国の事前キャンプ誘致などへの支援
  • (2)東村山市民の健康増進、食育活動の推進
  • (3)東村山市・蘇州市スポーツ交流事業への支援
  • (4)文化的、人的、経済的分野での情報の相互提供、連携した取り組みの推進