カカオの個性は、産地で決まる。
その香味の違いをどこまでも楽しめる。

チョコレートの味や香りの決め手となるカカオは、産地によって個性が様々。
世界中から厳選し、商品ごとに異なるカカオを使用した
「meiji THE Chocolate」でその違いをぜひお愉しみください。

Cacao 70%
NUTTY

ナッティな香りのカカオ

VENEZUELA ベネズエラ

大自然が広がる、ベネズエラ。世界最後の秘境とされるカナイマ国立公園が有名です。太陽が降りそそぐ、豊かな大地が育てたカカオ。その特長は、ナッティな香り。芳ばしいコクと旨味が広がります。

FRUITY

フルーティな香りのカカオ

BRAZIL ブラジル

世界有数の熱帯雨林が広がる、ブラジル。大きなくちばしの鳥トゥッカーノなど、個性的な動植物が有名です。大自然が育てたカカオは、フルーティな香り。柑橘のように爽やかな酸味が楽しめます。

FLORAL

フローラルな香りのカカオ

PERU ペルー

標高3,000m級のアンデス山脈が連なる、ペルー。可愛らしいアルパカも有名です。寒暖差の激しい高地が育んだカカオは、フローラルな香りが特長。ふくよかな味わいと、心地よい渋みが広がります。

SPICY

スパイシーな香りのカカオ

DOMINICAN REP. ドミニカ共和国

美しいカリブ海に浮かぶ、ドミニカ共和国。色鮮やかな花々が咲くリゾート地は、カカオの産地としても有名です。その特長は、スパイシーな香り。シナモンのように感じ、重厚な酸味も楽しめます。

数量限定 Limited

カカオ産地を旅しよう!

CACAO TRIP カカオトリップ

ザ・チョコレートの4つの産地がアソートされた数量限定の商品、カカオトリップ。食べやすい一口サイズで、産地により異なる“香味”を食べ比べることができます。
「ナッティ」「フルーティ」「フローラル」「スパイシー」あなた好みの“香味”を見つけてみてください。

カカオ産地

カカオベルトとは

カカオの樹はどこでも生育するというわけではなく、高度30~300m、年間平均気温が約27℃で気温差が小さく、年間降雨量は最低でも1000mm以上であることなど、生育地域がかなり限定されています。赤道を挟んで北緯20度から南緯20度までがその地域にあたり、カカオ栽培適地として「カカオベルト」と呼びます。