明治メイバランス

在宅ケアをされている方 あなたのチカラになれる栄養がある。明治メイバランス 病院でNo.1の栄養食をご家庭医でも在宅ケアをされている方 あなたのチカラになれる栄養がある。明治メイバランス 病院でNo.1の栄養食をご家庭医でも

高齢期の低栄養リスク高齢期の低栄養リスク

超高齢化社会の到来により、要介護認定者は今後も増加の一途をたどると予想され、それに伴って在宅要介護者の数も増え続けると考えられています。
さらに、在宅要介護者の4人に3人 が低栄養リスクを抱えています。

栄養のリスク

※4 平成24年度老人保険健康増進等事業在宅療養患者の摂食状況・栄養状況の把握に関する調査(日本在宅栄養管理学会誌、大塚理加、齋藤京子,三浦久幸 et,al.2016)

ちゃんと栄養とれてますか?まずはBMIをかんたんチェック!ちゃんと栄養とれてますか?まずはBMIをかんたんチェック!

あなたの身長・体重を入力してください。

身長 cm

体重 kg

計算する計算する

あなたのBMIは
00.0です。

いますぐ確認標準です。やせ気味です。やせています肥満です。

BMIが18.5kg/㎡以下の方は注意!とりわけ、高齢期でBMIが20kg/㎡以下の方は低栄養のリスクが高まり、注意が必要です。BMIが18.5kg/㎡以下の方は注意!とりわけ、高齢期でBMIが20kg/㎡以下の方は低栄養のリスクが高まり、注意が必要です。

しっかり栄養ケアするには?

選ばれる理由選ばれる理由

明治メイバランスMiniカップが選ばれるには理由があります。明治メイバランスMiniカップが選ばれるには理由があります。

(理由1)しっかり栄養

おいしく手軽に毎日の栄養バランスアップ!大事な栄養素が一度に摂れます!おいしく手軽に毎日の栄養バランスアップ!大事な栄養素が一度に摂れます!

  • 6大栄養素「たんぱく質・脂質・糖質・食物繊維・ビタミン・ミネラル」6大栄養素「たんぱく質・脂質・糖質・食物繊維・ビタミン・ミネラル」
  • 明治メイバランスは、日本人の食事摂取基準に合わせ栄養設計をしています

日本人の食事摂取基準(2015年版)

たんぱく質、脂質、炭水化物の
摂取エネルギー目標量

  • たんぱく質:13〜20%
  • 脂質:20~30%
  • 炭水化物:50~65%
  • 少量で高エネルギー エネルギーご飯約一杯分*(精白米 水稲めし お茶碗120g弱)

    1本125mlで200kcalが摂れます。

  • たんぱく質 たんぱく質牛乳の1.7倍:(同量の普通牛乳と比較)

    1本で7.5gが摂れます。

  • 食物繊維 食物繊維レタス約3/4個分*(1個当り可食部300gとして)

    1本125mlで2.5gが摂れます。

  • ※5 文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告
    日本食品標準成分表2015年版(七訂)

(理由2)選べるおいしさ

選べて嬉しい3つのシリーズ

  • 甘いものが苦手な方に さわやかな酸味「ヨーグルトテイスト」シリーズ「ブルーベリーヨーグルト味」「いちごヨーグルト味」「白桃ヨーグルト味」「マスカットヨーグルト味」甘いものが苦手な方に さわやかな酸味「ヨーグルトテイスト」シリーズ「ブルーベリーヨーグルト味」「いちごヨーグルト味」「白桃ヨーグルト味」「マスカットヨーグルト味」
  • 甘いものが好きな方に ミルク香るやさしい甘さ”「ミルクテイスト」シリーズ 「バナナ味」「ストロベリー味」「コーヒー味」「ヨーグルト味」「コーンスープ味」「抹茶味」甘いものが好きな方に ミルク香るやさしい甘さ”「ミルクテイスト」シリーズ 「バナナ味」「ストロベリー味」「コーヒー味」「ヨーグルト味」「コーンスープ味」「抹茶味」
  • ベッドなどで同じ姿勢が続く方に 遊離アルギニン配合「栄養強化」シリーズ 「ミルク味」「ミックスベリー味」スマイルケア食ベッドなどで同じ姿勢が続く方に 遊離アルギニン配合「栄養強化」シリーズ 「ミルク味」「ミックスベリー味」スマイルケア食

    ※6 噛むこと・飲み込むことに問題はないものの、健康維持上栄養補給を必要とする方向けの食品
     ※7 遊離アルギニンを2.5g含む

その他のメイバランスシリーズ

  • 明治メイバランス栄養調合食品ソフトJelly 食べやすさに考慮したゼリータイプ 明治メイバランスMiniカップと同等の栄養設計(*一部配合量がことなる栄養素もあります)明治メイバランス栄養調合食品ソフトJelly 食べやすさに考慮したゼリータイプ 明治メイバランスMiniカップと同等の栄養設計(*一部配合量がことなる栄養素もあります)
  • 明治メイバランスアイス 新ジャンル栄養アイス 食べきりサイズでギュッと栄養「栄養アイス」シリーズ明治メイバランスアイス 新ジャンル栄養アイス 食べきりサイズでギュッと栄養「栄養アイス」シリーズ

WEB ムービーWEB ムービー

お客様の声お客様の声

ご利用いただいているお客様からの声ご利用いただいているお客様からの声

90歳になる姉が、食事をほどんど食べられない。
「明治メイバランスMiniカップ」を紹介してもらい、色々な味をローテーションしながら飲み始めたら、元気になりました。とても感謝している。

食欲がないことがあり、病院から栄養剤が出たが、体に合わず使えない。薬局で娘が「明治メイバランスMiniカップ」を勧められ買ってきてくれた。飲んだらとても美味しい。

母が施設にいます。食事が半分しか食べられないので、「明治メイバランスMiniカップ」が良さそうだと思った。
賞味期限が長く、常温保存できるところが良いです。
商品を施設に持って行き、必要な時に飲んでもらえる。

医療介護従事者の方々の声医療介護従事者の方々の声

「明治メイバランス」はいち早く店頭での販売が確立されており、患者様がご自宅においても身近に購入できることは、病院と在宅をつなぐ栄養管理の懸け橋になるものとして高く評価できます。

「明治メイバランス」は1本200kcalの少量高エネルギータイプですが、味が良く飲みやすいことが特長で、市販もされているため、在宅でも購入しやすいことが大きな長所と捉えています。

薬局スタッフの方々の声薬局スタッフの方々の声

病院で飲用されていた方が、退院後に病院から紹介されたと言って買いに来られます。
病院とご自宅で同じものが飲めるというのは大変心強いことだと思います。

食欲が落ちて、栄養が摂れるものが欲しくて、買いに来られる方がいらっしゃいます。病院で紹介してくれるおかげで、「明治メイバランス」を指名するお客様もいらっしゃいます。

  • 漫画で分かる!高齢者の栄養ケア漫画で分かる!高齢者の栄養ケア
  • もしもに備えて備蓄をしよう!災害時の高齢者の非常食に 備蓄栄養に「明治メイバランス」もしもに備えて備蓄をしよう!災害時の高齢者の非常食に 備蓄栄養に「明治メイバランス」
  • もしもに備えて備蓄をしよう!災害時の高齢者の非常食に 備蓄栄養に「明治メイバランス」もしもに備えて備蓄をしよう!災害時の高齢者の非常食に 備蓄栄養に「明治メイバランス」

よくある質問よくある質問

Q明治メイバランスMiniカップはどこで買うことができますか?
Aドラッグストア・大型スーパー・薬局などでお買い求めいただけます。
※一部取扱いのない店舗もございますのでご了承ください。
※「かんたん・らくらくお買い物(通販サイト)」でもお買い求めいただけます。
Q明治メイバランスMiniカップを購入する際に保険は適応されますか?
A明治メイバランスMiniカップは食品ですので、ご購入の際、保険の適応はありません。
Q明治メイバランスMiniカップとはどのような商品ですか?
A明治メイバランスMiniカップはドリンクタイプの栄養食品です。1本125mlで200kcalのエネルギーが摂取できる他、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素も含有されております。味に飽きることなく飲み続けられるように、13種類の味をご用意しております。食欲がない時、食が細くなった時などに手軽な栄養補給飲料としてご使用いただけます。

ご使用上の注意ご使用上の注意

  1. ① 明治メイバランスMiniカップは製品の特性上、原材料由来の成分が沈殿、浮上、または凝集する可能性がありますが、栄養面、品質面での問題はございません。そのため、おいしく召し上がっていただくために、開封前によく振ってからお召し上がりいただくようお勧めいたします。
  2. ② 開封後はすぐにお召し上がりください。
  3. ③ 長時間の加温や繰り返しの加温はしないでください。容器のまま直火や電子レンジにかけないでください。電子レンジで加温する場合は別容器に移してください。
  4. ④ 医師・栄養士・薬剤師等の指導にもとづいて使用されることをお勧めします。
  5. ⑤ 乳幼児・小児は本品の摂取を避けてください。
  6. ⑥ 静脈内等へは絶対に注入しないでください。
  7. ⑦ 容器に変形・漏れ・膨張のあるもの、内容液に凝固・分離・悪臭・味の異常等がある場合は使用しないでください。
  8. ⑧ 食事の代替として使用する場合は、必要に応じてビタミン・ミネラル・微量元素等の栄養素や水分を補給してください。
  9. ⑨ 製品を横に倒さないでください。
  10. ⑩ ヨーグルトテイスト以外は他の食品や果汁等の酸性物質、多量の塩類等と混合すると凝固することがありますので注意してください。
  11. ⑪ ヨーグルトテイストはpHが中性の流動食や牛乳、水、多量の塩類等と混合すると凝固・分離することがありますので注意してください。