企業情報 > プレスリリース

プレスリリース

企業情報

  • ごあいさつ
  • 明治グループ理念体系
  • 会社情報
  • 事業案内

プレスリリース

研究開発

CSR活動

CSR活動

品質への取り組み

明治ホールディングス

  • IR/投資家情報
  • 経営計画
  • 2020中期経営計画
  • 採用情報

Meiji Seika ファルマ株式会社「Meiji Seika ファルマについて」

PDFをご覧いただくにあたって

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader のプラグイン(無償)が必要となります。 ダウンロードしてご覧ください。

Get ADOBE READER

世界文化遺産「フォンテーヌブロー城」で行われる
格式高いチョコレートイベントに日本企業として初参戦!
第3回Impérial Chocolat au Château de Fontainebleau
アンぺリアル・ショコラ オ シャトー・ド・フォンテーヌブローに出展
2018年11月16日(金)〜11月18日(日)


2018/11/08

株式会社 明治(代表取締役社長:松田 克也)は、2018年11月16日(金)〜11月18日(日)、フランスのユネスコ世界遺産フォンテーヌブロー城で開催されるチョコレートのイベント「アンぺリアル・ショコラ」に出展し、カカオからチョコレートになるまでの製造実演およびFARM to BARチョコレート「明治ザ・チョコレート」の販売、テイスティング&セミナーを実施します。

「アンぺリアル・ショコラ」の出展資格は、歴史ある老舗店や、M.O.F.(フランス国家最優秀職人章)を授与されるなどした卓越した技術を持つと認められたショコラティエ、パティシエとそれら職人による製造会社のみに与えられるものであり、出展資格を与えられることは非常に光栄なことです。

ジャンポール・エヴァンやピエール・エルメも集う「ルレ・デセール」(フランスで創設されたパティシエおよびショコラティエが組織する協会)の会長フレデリック・カッセル氏は絶滅が危惧される上質のカカオ豆を守ることをライフワークとして活動しており、株式会社 明治がカカオ産地で活動しているメイジ・カカオ・サポートにかねてから賛同されていました。このたびそのご縁により、日本企業として初めて「アンぺリアル・ショコラ」に参加の機会に恵まれました。

本イベントに出展することにより、ジャパンクオリティ「明治ザ・チョコレート」のブランド価値向上を図るとともに、世界のショコラ界における地位向上に努めてまいります。


■イベント概要

イベント名 第3回Impérial Chocolat au Château de Fontainebleau(アンぺリアル・ショコラ オ シャトー・ド・フォンテーヌブロー)
イベント内容
  • チョコレートの展示販売
  • 出展者によるチョコレートの彫刻展(La sale de Bal(舞踏会の部屋)にて展示)
  • パティスリーのコンクール(子供、大人)
  • 各種セミナー
  • カカオに関する子供のためのアトリエ
当社出展内容
  • ① FARM to BEAN & BEAN to BAR
    (カカオの実からチョコレートになるまで)の実演
  • ②「明治ザ・チョコレート」の販売
  • ③ チョコレートをテーマにしたディナーの開始前に「明治ザ・チョコレート」のテイスティング&セミナー実施
    (カカオクリエーター 宇都宮 洋之登壇)
開催日時 2018年11月16日(金)〜11月18日(日)10:00〜19:00(最終日17:15まで)
会場 フォンテーヌブロー城(国立美術館)

■チョコレートをテーマにしたディナー開催時に「明治ザ・チョコレート」のテイスティング&セミナーを実施!

「アンぺリアル・ショコラ」の会期中、城内のサル・デ・コローヌ(la salle des Colonnes)にてチョコレートとカカオをテーマにしたディナーが開催されます。サル・デ・コローヌはフランスの歴代の王が暮らしたお城の王のダイニングで、昨年の第2回アンぺリアル・ショコラの会期中には、フレデリック・カッセルがティーサロンを開いて好評を得ました。今年は日仏友好160周年を迎えるにあたり、フォンテーヌブローにあるミシュランの星付きレストランL’Axelの後藤邦之シェフとフレデリック・カッセル氏による、日本のエスプリのきいたチョコレートをテーマにした料理を味わうという企画です。

当社は、ディナーの前に世界的にも希少といわれているメキシコ産の“ホワイトカカオ”を使用した「メキシコホワイトカカオダーク」を含む「明治ザ・チョコレート」のテイスティングを実施します。カカオクリエーターの宇都宮洋之が登壇し、解説もします。

■第2回「アンぺリアル・ショコラ」会場の様子

■世界文化遺産「フォンテーヌブロー城」

フランソワ1世が11世紀よりフランス王家の狩猟場として愛されてきたフォンテーヌブローの森に建てたルネサンス様式の宮殿。その後も歴代のフランス王や皇帝に愛されました。フランスの英雄ナポレオンもそのひとり。彼が帝位を剥奪され、エルバ島へ流される際、旅立ったのも、この城。旅立ちの儀式が行われたことから、城の中庭は別名「別れの中庭」と呼ばれています。

フォンテーヌブロー宮殿とその森は、1981年にユネスコ世界遺産に登録されました。

■フレデリック・カッセル氏について

チョコレート文化の普及や子供たちへの食育のためにフォンテーヌブロー城でのショコライベントを企画、開催しているパティシエです。

世界15ケ国100人のパティシエが参加するルレ・デセールの会長を2003年より15年務め、2018年9月より名誉会長に就任しました。2013年のクープ・デュ・モンド(洋菓子の技術を競う国際大会)にてカッセル率いるフランスチームが優勝。フランスのショコラ・パティスリー界の権威。