食を知る

8月 朝の食卓、家族みんなで囲んでますか?

夏休み。子どもたちは海や山で、普段はできない冒険を満喫しているでしょうか。それとも、塾や部活にと忙しい日々でしょうか。夏休みは、普段はなかなか守れない食事のリズムを取り戻すいい機会です。朝食だけでも、家族で一緒に食べてみませんか。あるいは、一緒に簡単な料理を作ってみる、というのもいいかもしれません。また夏休みは、田舎やキャンプに行って、おばあちゃんやおじいちゃん、友だちなど、家族以外の人と食卓を囲む機会も増えます。家族で囲む食事の時間の豊かさ、食事のときのマナーなど、忙しさに追われて忘れがちな「食事の大切さ」を考えてみる、夏休みはそんなチャンスにあふれています。

朝ごはん、食べていますか?

「朝食を食べる」という習慣は、家族で毎朝食べて育って初めて身につく習慣。子どもだけ食べろと、と言われてもムリな話。まずは大人が朝食を食べる習慣を身につけることが大切です。

朝食を食べない家庭が増えています。食べても菓子パンや野菜ジュースなど、手をかけずに「出すだけ」で済むものが殆どのようです。そして、これらを家族ひとりひとりが自分の時間に合わせてバラバラに食べているのが現状です。それぞれが自分の好きな時間に好きなものを食べて、さっと出かける。これはドラマなどの朝食シーンにも現れていますね。
朝はどの家庭も忙しいもの。朝食に手間をかけている暇はないのは皆同じです。時間がないことよりもむしろ、お母さん自身に朝食を食べる習慣がないことが原因なのではないでしょうか。「朝シャン」という言葉が生まれたように、1960年以降に生まれたお母さん世代は、高校生くらいから朝食を食べることよりも、髪を整えることや寝ることの方を優先してきました。その習慣は結婚してからはもちろん、子どもが生まれてからも続きます。朝食は子どもしか食べない、あるいは、子どもが幼稚園に行くまでは朝食を食べさせる習慣がなかった、というお母さんもいます。
炊きたてのごはんと湯気の立ったお味噌汁を前に、家族みんなで手を合わせて「いただきます」。そんな朝の食卓風景は、もうとうに失われてしまった過去のものなのでしょうか。

朝ごはんを食べると、いいことがいっぱい

文部科学省と日本PTA全国協議会などが取り組んでいる「早寝早起き朝ごはんキャンペーン」をご存じでしょうか。基本的な生活習慣が身についていない子どもが増えていることへの危機感から、とうとう国も動き出したのです。100を超える個人や団体(PTA、文化関係団体、経済界など)が一丸となって子どもの基本的生活習慣の確立や生活リズムの向上につながる運動を積極的に展開しています。
これまでの調査の結果からも、「朝食を食べないことがある小学生 15%、中学生 22%(平成17年、文部科学省委嘱調査結果)」など、朝食を食べない子どもが増えていることは顕著です。また「午後10時以降に就寝する就学前の幼児 29%(平成17年、民間調査結果)」など、子どもたちの生活リズムの乱れもはっきりと見えてきています。
さらに注目したいのは「毎日朝食を食べる」ということの効果です。朝食を食べる習慣がない子どもには、体力の発達や学力にも問題があることがわかってきたのです。「毎朝朝食を食べる子どもほど、ペーパーテストの得点が高い傾向にある(国立教育政策研究所調査結果)」、「毎日朝食を食べる子どもの方が食べない子どもより体力テストの結果もよい(文部科学省体力運動能力調査結果)」など、朝食を食べることのメリットもしっかり見えてきました。宿題提出率や忘れ物頻度との関係や、親の生活スタイルの影響など、現在展開されている調査からも、さらに新たなデータが続々と出てきています。

夏休み、大人からちょっと変わろう。

まずはきちんと朝ごはんを食べる習慣、大人から初めてみませんか? 子どもたちに時間の余裕のある夏休みは、新しい習慣をスタートするいい機会です。気軽に始めることが大切です。親がまじめにがんばりすぎて「せっかくつくったのに」と押し付けがましくなってしまっては、楽しい朝ごはんのイメージづくりは難しくなってしまいます。最初は「出すだけ」のものだっていいのです。チーズやヨーグルト、牛乳などの乳製品は、時間のない朝の強い味方になってくれます。
そしてさらに、大人にも時間の余裕がある休日には、子どもたちと一緒に朝食づくりにチャレンジしてみませんか。まず、おいしい朝ごはんのために、前の晩はいつもより少し早く寝ましょう。そして、さわやかに目覚めたら子どもと一緒にゆったりと朝食づくりをスタート。メニューは簡単なものでいいのです。たとえばおにぎりやフレンチトーストなど。栄養のバランスよりも、楽しく作って食べられることが第一です。そしてテーブルに座って一緒に食べてみてください。忙しい朝は、お母さんは立ったままで子どもをせかしがちです。楽しくつくった朝食を一緒に食べる。そんな小さな体験が、何でもない夏の一日をとても大切な記念日にしてくれるかもしれません。
新しい習慣を身につけるのには時間がかかります。まず、楽しい、おいしい体験をすることから、少しずつ、栄養のバランスは? 朝は何を食べると元気が出そう? などと、子どもたちと一緒に考えていけばいいのではないでしょうか。

いつもと違うテーブルで「食べること」の再発見を

帰省やキャンプ、合宿や林間学校など、夏休みには子どもたちにとって楽しい体験がたくさん待っています。家庭以外の人と食卓を囲む機会が増えるのもこの時期ならでは。たとえばおばあちゃんの家に行ったとき、食事の時間も献立も、食卓を囲むメンバーも普段とはガラリと変わります。家族以外の人と一緒に食事をする時間は、食器の持ち方や箸の使い方、食事のマナーなどを改めて見直す機会にしてみませんか。みんなで気持ちよく食事をするために、どんなマナーが必要なのか。たとえば、口に物を入れて話すのはなぜいけないのか、食卓のものを取ってもらいたいときにはなんと言えばいいのか、などなど、ひとりで食べる食卓では決して学ぶことのできないことも、大勢で囲む食卓からは自然に学ぶことができます。
「いただきます」という言葉の意味を考えるいい機会でもあります。田舎に出かけたときには、畑や田んぼ、牧場など、食べ物が作られている場面を目にする機会もあることでしょう。この言葉が、食事をつくってくれる人、作物を育てる人、といった食べ物にかかわる“人”への感謝、という意味だけではないことを思い出してください。「あらゆるものの命をありがたくいただいて、自分の命に変える」という「いただきます」の深い意味を、お母さんも一緒に考えてみてはいかがでしょうか。

↑ページTOPヘ