食を知る

1月 お正月行事から見てみてよう!豊かな日本の食と伝統

玄関に門松や注連(しめ)縄を飾って、家の中には鏡餅が供えられて。お正月は家族が集まる食卓に、おせち料理やお雑煮、お屠蘇といった日本ならではの伝統の食が並びます。この機会に、日本文化の豊かさを眺めてみませんか?

昔の「お正月」準備は、長い時間をかけて

お正月をはじめ、日本のさまざまな行事は稲作などの農耕に深く結びついています。特に正月行事は、1年の農耕と繁栄を司る歳神(としがみ)様をおもてなしする接待行事なのです。
「1年の計は元旦にあり」というように、日本人にとって、元旦には特別な意味があります。去年から今年になったというだけでなく、すべてがまた一から始まる特別な日なのです。太陽も月も、水も火も、この元旦に万物が新しく生まれ変わると信じられていました。
そして、1年間、私たちの生活を見守り、稲を実らせ、自然の恵みとご利益をくださる歳神様をお迎えするために、念入りに準備をします。諸々の準備がスタートするのは、12月13日頃に大掃除やすす払いを行う「正月事始め」。これらも歳神様を気持ちよくお迎えするための大切な行事です。清々しく浄(きよ)められた家の中を、飾り物や縁起物で美しくしつらえます。地方によっては、「年棚」と呼ばれる特別な祭壇を設けて歳神様をお迎えするところもあります。門の脇には門松を、軒には注連飾(しめかざり)を飾る風習は、歳神様が間違うことなくその家に入れるように、また神様がいらっしゃる神聖な区域を他の区域と区別するためのもの。また、人間に災いをもたらすという悪い神さまが家の中に入らないように呪としての意味もあります。
門松や注連飾は、31日にするのは「一夜飾り」といって嫌われ、30日までに済ませるしきたりがあります。また、門松は正月6日の夕方に取り払うことが多く、そのためこの日までを大正月または松の内と呼ぶようになりました。

大晦日にみる、年越しの行事と意味

1月11日には鏡餅はもうカチカチ。木槌などで割って食べるのは、神様の魂に包丁を入れることはできないからです。「鏡開き」と呼ぶのも、縁起をかついで。

年の瀬からお正月にかけての準備、そして年越しの行事には、その土地や家によって伝承されてきた独特の風習があります。その中には、大晦日のうちに一家で祝い膳を囲むという「年取(としとり)」の風習もありました。家族も使用人もみな身支度を整えて年取の膳につき、歳神様にお灯明(とうみょう)をあげ、お神酒(みき)、料理を整え、1年間をねぎらう挨拶ののち、ご馳走を囲みます。これはおせち料理とはまたちがった、その土地や家によってさまざまな心づくしの晴れの食事だったようです。一方で、細く長く、という縁起から始まった年越し蕎麦の風習は、江戸時代から全国に広まったといわれています。
蕎麦をすすりながら、あるいはお神酒を傾けながら、行く年と新しい年の間に聞く除夜の鐘。これは、108つあるという煩悩(煩悩)をひとつずつ洗い浄めて新しい年を迎えるための神聖な音です。108の数の由来は諸説ありますが、1年12カ月、24節気(半月ごとの季節の変化)、72候(5日ごとの気象の動きや動植物の変化)を合わせて108つという説も。107つはこの年の内に、残るひとつは新しい年に撞きます。
浄められた家に迎え入れた歳神様のために作物の中で最も大切な米でついた鏡餅がお供えされます。源氏物語や栄華物語にも登場する鏡餅。鏡は神が宿る神聖なものとされています。また、霊魂(魂)のことを古くは「たま」と呼んでおり、丸いものであると信じられていました。つまり、丸い形は魂の象徴。鏡餅は新しい歳神様の魂が宿る大切な場所なのです。床の間や台所(かまど)、玄関など、家の中の大切な場所に飾るのは、歳神さまにお座りいただくのにふさわしい場所だからなのです。
さて、鏡餅にあしらわれる海や山の幸は、どれも願いが込められた縁起物です。たとえば、家族が代々栄えるようにと橙(だいだい)、喜ぶに通じる昆布、腰が曲がるまで長生きを願って伊勢海老、 変わらぬ繁栄を祈ってゆずり葉(古くなった葉が枝から落ちる前に新しい葉が生える)など、地方によってもさまざまです。
また、鏡開きで食べる鏡餅は、歳神様の魂を家族みんなでいただくことで、それによってまた1年、きびしい労働に耐え、豊年豊作を実現できると信じられたからです。

元旦ならではの行事、いろいろ

「あけましておめでとうございます」。
新しい年が開けて交わされる、年初のご挨拶。「おめでとう=めでたい」という言葉は「愛でること甚(いた)し」のつづまった言葉です。さて、いったい何を「愛でる」(喜ぶ)のでしょう。それは、家族が1年間を健康で無事に過ごし、飾りつけも万端整い、おせち料理の準備もすんで、清々しい気持ちで新しい年を迎えられることではないでしょうか。年末決済であった江戸時代にはさらに、1年の貸し借りを精算する“掛け取り”(取立て)の始末も首尾よく終わり、きれいな体で1年を迎えられる喜びもあったことでしょう。
新年の挨拶がすんだら、お屠蘇で乾杯。とろりと甘いお屠蘇は、もともとは中国から伝わった薬酒でした。三国時代(約1700年前)の名医が処方した薬が当時の流行病を退散させたことから、屠(ほうむ)った者が蘇(よみがえ)るという意味の「屠蘇」という名前がついたとも言われています。
そして子供の楽しみといえばお年玉。お年玉はつまり年魂(としだま)。歳神様の魂を授かり、新鮮な力を身につけられるように、と丸い餅を分け与えた風習が今に伝えられているのです。
お屠蘇で身を浄めて無病息災を祈り、お年玉で新しい歳神様のエネルギーを授かったあとは、おせち料理をいただきます。 おせち料理は、元旦に台所で包丁や火を使うことなく食べられるようにと年内に準備する保存食でもあります。神様へのお供えものでもあるおせち料理を用意することで、一家の主婦も元旦の一日を晴れ着を着て家族といっしょにゆっくり過ごすことができるのです。また、重箱に色とりどり、美しく詰められたおせち料理は、目にもうれしいご馳走です。

おせち料理に込められた願い

おせち料理のひとつひとつには、多産、豊作、長寿、家内安全など、さまざまな祈願が込められています。現在では、おせち料理=豪華というイメージがありますが、もともとは全国どこの地方でも普通に手に入る材料を使い、けっして高価ではないものでした。たとえば五万目(ごまめ)は、しこ鰯(カタクチイワシ)の干したもの。昔は大漁のときは田畑の肥料にしたことから「田作り」と呼ばれるように。ここにはもちろん、豊年豊作の願いが込められています。また「よろこんぶ」に通じる昆布巻きも、庶民の食べ物であった身欠き鰊(にしん)を昆布で巻いたものでした。それから「まめに暮らす」の黒豆。今では希少で高価なイメージの黒豆も昔は日本中の田んぼの畔で採れたものでした。他にも、子孫繁栄を祈って数の子。土の中に長く根を張ることから、土台を固めて堅実に暮らせるようにとたたきごぼう。先の見通しがいい蓮根。腰が曲がるまで長生きを願って海老。まっすぐ上へと「芽が出る」慈姑(くわい)。黄金の塊に見立てて栗きんとん。出世を願って出世魚のコハダ粟漬などなど、新年の歳神様もその願いの多さにあきれてしまうのでは、というほどおせち料理にはたくさんの願いが込められているのです。
またお正月には欠かせないお雑煮。これはお供えものをいろいろ混ぜて煮ることから始まりました。もともとは正月四日が「棚おろしの日」と呼ばれ、この日に初めてお雑煮をいただいたそうです。
今年はお正月からひとつずつ、我が家なりの年中行事を楽しんでみませんか。

↑ページTOPヘ