食を知る

乳製品の賞味期限と保存のめやす

「賞味期限」とは未開封の状態で、製品に表示されている保存方法、温度で保管した場合においしく召し上がれる期限のめやすです。期限後すぐに食べられなくなるわけではありませんが、保存方法を守って風味などを確認し、できるだけ早くお召し上がりください。また、賞味期限内であっても、開封すると賞味期限の日付は無効になりますので、「できるだけ早く」お召し上がりください。

常温で保存

パルメザンチーズ

パルメザンチーズ【常温で保存】

  • 乾燥した涼しい場所で保存してください。
  • 結露しやすいので、冷蔵保存はしないでください。
  • 一部の生タイプは冷蔵保存してください。

常温以下で保存

ロングライフミルク

ロングライフミルク【常温以下で保存】

  • 常温保存が可能ですが、冷蔵庫に保存したほうがより安心です。
  • 開封後は必ず冷蔵庫に保存してください。

10℃以下で保存

牛乳類

牛乳類【10℃以下で保存】

  • 冷凍保存はしないでください。
  • においが移りやすいので、においの強い食品のそばに置かないでください。
  • 紙容器はデリケートなので、横倒しでの保存や乱暴な取り扱いをすると、未開封でも開け口から牛乳が漏れたりしますので注意しましょう。

※こんなときは飲まないようにしましょう

  • 分離していたり、ブツブツができている。
  • ふだんと違うにおいがある。
  • 酸味や苦味などがある。
  • 鍋で沸騰させるとモロモロに固まったり分離する。

ヨーグルト類

ヨーグルト類【10℃以下で保存】

  • 冷凍保存をすると解凍した時にシャブシャブの水状態になってしまい、おいしくありません。冷凍保存はしないでください。
  • ドアポケットなど振動が多い場所での保存は避けましょう。
  • 保存温度が高いと酸味が強くなるので注意しましょう。
  • 表面の水分(ホエー)には、ビタミンB2やたんぱく質などが多く含まれ、栄養価が高いので一緒に食べましょう。

チーズ類

クリーム類【3〜7℃で保存】

  • ドアポケットなど振動が多い場所での保存は避けましょう。
  • 温度が高すぎたり冷やしすぎると、固まることがあるので保存温度に注意しましょう。

ピッツァ用チーズピッツァ用チーズ

チーズ類【10℃以下で保存】

  • 冷凍保存はしないでください。
  • 開封後は空気に触れないよう密封または切り口をラップしてください。

クリーム類

ピッツァ用チーズ【10℃以下で保存】

  • 冷凍保存できます。
  • ピッツァ用チーズはナチュラルチーズですので開封するとカビが生えやすくなります。
  • 開封後は冷凍保存するとカビは生えません。

バター類

バター類【10℃以下で保存】

  • 冷凍保存もできます。使用する前日から冷蔵庫に移して解凍しましょう。
  • 室温に放置しないでください。
  • においが移りやすいので、においの強い食品のそばに置かないでください。

マーガリン類

マーガリン類【10℃以下で保存】

  • 室温に放置しないでください。
  • においが移りやすいので、においの強い食品のそばに置かないでください。

-18℃以下で保存

冷凍食品

冷凍食品【-18℃以下で保存】

  • 解凍、調理方法は説明書にしたがってください。
  • 解凍後は再凍結しないでください。

アイスクリーム類

アイスクリーム類【-18℃以下で保存】

  • 解凍後は再凍結しないでください。

↑ページTOPヘ