企業情報 > プレスリリース

プレスリリース

企業情報

  • ごあいさつ
  • 明治グループ理念体系
  • 会社情報
  • 会社情報
    • 会社概要
    • 本社アクセスマップ
    • 役員一覧
    • 事業所紹介
    • グループ会社紹介
    • 沿革
    • 電子公告
  • 事業案内
  • 事業案内
    • 発酵デイリー
    • 加工食品
    • 菓子
    • 栄養
    • 海外

プレスリリース

プレスリリース

研究開発

CSR活動

CSR活動

品質への取り組み

明治ホールディングス

  • IR/投資家情報
  • 経営計画
  • 2020中期経営計画
  • 採用情報

Meiji Seika ファルマ株式会社「Meiji Seika ファルマについて」

PDFをご覧いただくにあたって

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader のプラグイン(無償)が必要となります。 ダウンロードしてご覧ください。

Get ADOBE READER

濃密なのに脂肪0
「明治THE GREEK YOGURT ブルーベリーミックス」
新発売


2018/07/23

株式会社 明治(代表取締役社長:松田 克也)は、栄養とおいしさが凝縮されたヨーグルト「明治THE GREEK YOGURT」シリーズから、新たなフレーバー品「明治THE GREEK YOGURT ブルーベリーミックス」を2018年7月24日から、全国で発売いたします。

ギリシャヨーグルトの本流

「明治THE GREEK YOGURT」シリーズは、栄養とおいしさが凝縮されたギリシャ大使館公認の“ギリシャヨーグルト”です。日本で定着しているギリシャヨーグルトの濃密なおいしさに加え、脂肪0でヘルシーに、たんぱく質を中心とした栄養素が摂れるといった新たな価値を提供します。

今回発売する「明治THE GREEK YOGURT ブルーベリーミックス」は、コクのある濃いあじわいのヨーグルトに、爽やかな酸味のブルーベリーミックスソースを組み合わせました。脂肪0でありながら、こだわりの製法と、独自の乳酸菌を使用することで、濃密でなめらかな口どけを実現しました。また、たんぱく質をぎゅっと濃縮するとともに、女性にうれしい鉄分を1食分配合しました。

ヨーグルトで栄養素を摂る、という世界の習慣を日本に定着させることで、市場の活性化とお客さまのおいしく健康的な食生活への貢献に取り組んでまいります。


商品概要

商品名
明治THE GREEK YOGURT ブルーベリーミックス
内容量
100g
希望小売価格
140円(税別)
種類別
発酵乳
発売日・発売地区
2018年7月24日 全国
成分組成
無脂乳固形分:12.2%、乳脂肪分:0.3%
特長
  • 栄養とおいしさが凝縮された濃縮ヨーグルトです。
  • 余計な脂肪分を摂らなくてよい脂肪0タイプです。
  • コクのある濃いあじわいのヨーグルトに、爽やかな酸味のブルーベリーミックスソースを組み合わせました。
栄養成分表示(1個[100g]当たり)
エネルギー 67kcal、たんぱく質 7.9g、
脂質 0g、炭水化物 8.8g、
食塩相当量 0.13g、カルシウム 108mg、
鉄 2.3mg
ターゲット
20〜60代女性を中心に
明治THE GREEK YOGURT ブルーベリーミックス


ご参考

■栄養の日(8月4日)・栄養週間(8月1日〜7日)に参画!

公益社団法人 日本栄養士会では、「栄養の日(8月4日)・栄養週間(8月1日〜7日)」を制定し、国民の食・栄養の課題を解決するための運動を展開しています。当社は、“おいしい、だけじゃない。健康的にカラダづくりができる”ヨーグルト「明治THE GREEK YOGURT」ブランドにて、「栄養の日(8月4日)・栄養週間(8月1日〜7日)」に参画します。

具体的には「栄養の日・栄養週間2018」において、“たのしく食べる、カラダよろこぶ”をキーメッセージとして開催する、栄養をたのしむ国民20万人参加型イベント「栄養ワンダー2018」における商品の提供や、協賛企業と協働した、食による栄養不足を解決する売り場づくりなどを実施していきます。

現代人のたんぱく質摂取量は戦後水準まで低下しています。当社では、乳に含まれる良質なたんぱく質である「乳たんぱく質」に着目した商品「明治THE GREEK YOGURT」を提案することで日本が抱えるたんぱく質摂取不足の解決に取り組みます。

■「栄養の日・栄養週間」について

栄養と食の専門職である管理栄養士・栄養士約5万人により組織された日本栄養士会では、2016年に「栄養の日・栄養週間」を制定しました。2017年から国民の食・栄養の課題を解決するための運動を展開しています。

いま日本では、超高齢・少子社会を迎えており、国ではこれらに対する施策を検討、展開しています。また、国民だれもが、健やかな生活を願っており、厚生労働省の「健康意識に関する調査(2014年)」においても、「このために注意することは日々の食生活」と答える方が多数を占めています。

<8月4日の由来>

一般生活者に親しみをもっていただくことを目的とし、8(エイト)と4(よん)で、「えいよう」の日としています。7月31日栄養改善法公布、8月1日公益社団法人設立日、8月2日健康増進法公布など、栄養や日本栄養士会に関連する記念日が多数あることにも由来しています。

栄養の日
●栄養の日・栄養週間2018のテーマ
栄養をたのしむ─栄養障害の二重負荷(Double burden of malnutrition)の解決を目指す─
●主催
公益社団法人 日本栄養士会、47都道府県栄養士会
●共催
一般社団法人 全国栄養士養成施設協会
●栄養の日・栄養週間2018特設サイト
管理栄養士・栄養士が監修する栄養に関する情報サイト「NU+(ニュータス)」で特設サイトを開設しています。栄養をたのしむ国民20万人参加型イベント「栄養ワンダー2018」の開催場所を紹介しているほか、カラダを動かすエネルギーの重要性をわかりやすく学べるスペシャルコンテンツやBMIチェック、バランスのよい食生活を実践するための工夫を学べる動画や記事を紹介しています。
https://www.nutas.jp/84/

【公益社団法人 日本栄養士会について】

栄養と食の専門職である管理栄養士・栄養士約5万人により組織された職能団体です。食の営みのよろこびの中、自己実現を求め、健やかによりよく、ともに生きるという人びとの願いに応えることを目的に都道府県栄養士会と連携・協力して、さまざまな事業を行っています。