もしかしておっぱい(母乳)が足りない?

「授乳後すぐに泣き出すけれど、おっぱいが足りないのかしら」と悩むママは多いですね。
でも、生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ授乳のリズムができていないので、1回の授乳が長かったり、間隔がまちまちということがよくあります。
回数や間隔は気にせず、欲しがるたびに飲ませてあげましょう。

母乳不足かどうかを見分ける指標は、赤ちゃんの体重です。
生理的な体重減少のあと、2~3ヵ月ごろまでの赤ちゃんは、1日平均30g程度、体重が増えていくのが標準なので、定期的に測ってみるといいでしょう。
ただ、体重を毎日測って一喜一憂するのは考えもの。
心配ならば、1ヵ月健診で医師に相談するといいですね。

混合栄養にしたり、ミルクに切り替えるときに、中には「おっぱいを飲ませないと、母子の絆がつくれないのでは?」という不安をもつママもいますが、おっぱいでもミルクでも、ママの愛情にかわりはないですよね。おっぱいが足りないときはミルクでも大丈夫。
おっぱいを与えるのと同じ気持ちで抱っこして飲ませていれば、ママと赤ちゃんの精神的なつながりの面でも心配ありません。
それに、男性であるパパが“授乳”を体験できるという隠れたメリットもありますね。ミルクをつくる手間も、愛情の一つと考えましょう。
大切なのは、おっぱいでもミルクでも、赤ちゃんとの会話を楽しみながら、ゆったりとした気持ちで飲ませてあげることです。自信をもって、のびのび育てましょう。

母乳と同じ成長を目指してつくられた粉ミルク
明治ほほえみ らくらくキューブ

明治ほほえみ らくらくキューブの写真

商品のお買い求めはお近くのドラッグストアかベビー専門店へ

インターネットでの購入はこちら らくらくショッピング
らくらくショッピング