妊娠中のタバコやお酒は?

タバコ

  • 妊婦の喫煙は流産や早産の率を高めます。また、おなかの赤ちゃんを酸素不足にしてしまいます。この機会にきっぱりタバコはやめましょう。
  • 「受動喫煙」も避けたいものです。職場や自宅でも周囲の人の理解と協力を求めましょう。
  • 授乳婦の喫煙は母乳の分泌を低下させます。赤ちゃんも受動喫煙で呼吸器の病気を起こしやすくなります。

お酒

  • アルコールは胎盤を通じておなかの赤ちゃんに届き、神経等に発達の悪影響を与えます。授乳中も、血液から母乳を通じて赤ちゃんに移行します。禁酒に努めましょう。