明治ミルクチョコレート

明治ミルクチョコレート

milchi's Story

ミルチのおはなし

チョコレートには、
ピュアチョコレート
呼ばれるものがある。
定められた基準をクリアしたものだけが
ピュアと呼ばれるらしい。

美味しい素材を
丁寧に丁寧に選んで
美味しいチョコレートを
つくったら
ピュアチョコレート」になった。
ただそれだけのこと。
でもそれって、
なんだかとても大切なことのような気がする。

美味しいものはカラダやココロにも優しい。
そんなことを思った。

「チョコレート類の表示に関する公正競争規約」より

  • カカオ成分は
    ココアバターだけか、
    ココアバターと
    カカオマスだけ。

  • 脂肪分は
    ココアバターと
    乳脂だけ。

  • 糖類は
    ショ糖だけで、
    全重量の
    55%以下。

  • 乳化剤の
    レシチンは、
    全重量の
    0.5%以下。

  • バニラ系香料、
    レシチン以外の
    添加物は
    含まない。

milchi's Story

ミルチのおはなし

ミルチにとってのカカオって、
私にとっての何だろう。

とても大切なもの。
私のほとんどのもの。

ミルチにとってのカカオって、
私にとっての何だろう。

水かも。
別に生物的な意味じゃなくて。
うれしくて泣いたり、
かなしくて泣いたりするし。

  • チョコレートの
    香りを
    引き出すために、
    カカオ豆の種類、
    焼き方=ローストを
    徹底的に研究。

  • カカオの
    深みのある香ばしい
    「ミルチの味」は、
    カカオへ
    のひたむきな
    情熱から
    生まれたのです。

milchi's Story

ミルチのおはなし

ミルクチョコレートには
ミルクがはいっている。

それはチョコレートを優しくするために。
私は勝手にそう思っている。

優しいひとって、強い。
弱いひとって、優しくない。

だから優しいって偉大だ。
私は勝手にそう思っている。

  • 生乳の生産から
    管理された
    コクと旨味の強いミルクを
    厳選して使用。
    カカオとのバランスや
    相性の良さにもこだわった
    ミルクこそが
    ミルチの優しい味を
    引き立てているのです。

milchi's Story

ミルチのおはなし

ミルチの優しい
香りが好き。
広がるから。
落ち着くから。
あせっちゃだめだ。
あきらめちゃだめだ。

なんかそんな気になる。

ミルチの優しい
香りが好き。
シンプルなのに
強いから。
ん、シンプルだから
強いのかな。

私もそんな風に
いられたらな。

  • ミルクの味を
    存分にひきだし、
    優しい香りを
    際だたせるのが
    バニラ。

  • ミルチにぴったりの
    バニラ香料を
    探し求めた末、
    高品質の
    マダガスカル産
    バニラに
    出会いました。

  • 口に入れた
    瞬間から広がる
    華やかな香りが、
    ミルチのおいしさに、
    さらに
    磨きを
    かけるのです。

ページトップへ戻る