1歳頃~1歳3ヵ月頃のお子さまの発育と発達

この時期のお子さまは、まだ自分の思いを上手に言葉にすることはできませんが、相手の言っていることが少しずつわかってくるようになってきます。また自分の名前を呼ばれるのが、とっても嬉しい時期で。

言葉の理解

この時期のお子さまは、まだ自分の思いを上手に言葉にすることはできませんが、相手の言っていることが少しずつわかってくるようになってきます。色々なことをまるでスポンジが水を吸うように吸収していきます。ママやパパなど身近な人から声をかけてもらった言葉が、赤ちゃんの中で蓄積され、少しずつつながってくるのです。たくさんの言葉をかけながら、いろいろなことを体験させてあげましょう。
「こんなことを話しても、まだわからないかな」と思わず、ママが感じたことを、どんどん言葉にして語りかけましょう。ママやパパがたくさん言葉のシャワーをかけてあげることで、赤ちゃんの言葉への興味、関心もどんどん高くなってきます
また、つみ木遊びなどをする時にも、「どうぞ」と言いながらつみ木を渡してみましょう。ママの真似をして、ちょこんと頭を下げて、今度は赤ちゃんのほうから「どうぞ」をしてくれるようになります。

体の発育

1歳を過ぎる頃になると指先が発達してくるので、今まで5本の指でものをつかんでいた赤ちゃんも、親指と人差し指で小さなものを上手に「つまむ」ことができるようになってきます。小さな石を拾ったり、公園でじーっと座って砂をいじったり、家の中では、床に落ちていたゴミをつまんでいたりする姿をよく見かけるようになるでしょう。

好奇心

また、好奇心が旺盛になってくるのもこの時期です。引き出しの中のものや、ママのお財布の中身を全部出すなどのイタズラもするようになってきます。 イタズラをされると、ママはイライラとしてしまいがちですが、そんな時には頭ごなしに怒るのではなく、「たくさん出せたね~。でも、これは大事だからダメだよ!」とまずは受け止め、それからやさしく教えてあげてください。

よだれ

普段はあまりよだれが出ないお子さまでも、一生懸命になるとよだれがたくさん出るお子さまもいます。2歳くらいまでは、まだ何でも口に入れてしまうことが多く、誤飲、窒息の危険が高いので、ボタンやクリップ、タバコの吸殻など誤飲しそうなものは、お子さまの手の届かないところに置くようにしましょう。洗剤などの置き場所にも、注意が必要です。

言葉の発達

少しずつ自分の名前が理解できるようになってくる頃です。「○○ちゃーん」と名前を呼ばれると、それまで遊んでいた手をとめて、はっと振り向いたり、満面の笑顔で応えてくれます。この時期のお子さまは、自分の名前を呼ばれるのが、とっても嬉しい時期です。たくさん名前を呼びかけてあげましょう。 
また、これまで「ウッウー」や「アック」などと、言葉にならない言葉を発していた赤ちゃんですが、ある時ふいに「ママ」「パパ」など、意味のある言葉が少しずつ出てくる頃です。 
お子さまにとって、ママやパパのやさしい語りかけが言葉の源になります。日々の生活の中で、身の回りのことなどたくさん話しかけてあげましょう。散歩に出かけたときなども、お天気やお花のことなど、どんどん話してあげてください。言葉のタンクがいっぱいになると、少しずつ言葉が出てくるようになります。
最初にどんな言葉をお子さまが話すのか、ママもパパも楽しみですね。ママが先でも、パパが先でも、意味のある言葉を話すようになったことは、お子さまにとって大きな成長の一歩。ぜひ、祝福してあげましょう。

らくらくショッピング