こんな便がでるのですが…?

緑色の便が出る

赤ちゃんの便は、黄色をしていることが多く、この黄色は胆汁色素(ビリルビン)が便中に排出されているためです。この黄色は酸化されると、緑色(ビリベルジン)に変わります。便が腸の中に長くあった場合や腸の中が腸内細菌などによって酸性に傾いている場合、便が空気にさらされた場合など、色素は酸化されやすくなります。赤ちゃんの機嫌がよく、体重の増え方、お乳の飲み方が順調であれば心配ありません。

便に色のつぶが混じる

離乳食がはじまると、食品の消化吸収された残りが便の中に出ます。色の濃いものは目立ちますが、消化不良ではありません。便の固さや回数がいつもと変わらないようならば、心配ありません。また、生まれて間もない間は、白いツブが便に混じることがあります。お乳の消化吸収をした残り(脂肪とカルシウムが結合したもの)です。これも心配ありません。

食べたものが便にそのまま出る

離乳食がはじまると、食品の消化吸収された残りが便の中に出ます。食べ物がそのまま出ているように見えますが、ある程度の栄養は吸収されています。便の固さや回数がいつもと変わらないようならば、消化不良ではありませんので心配ありません。

監修

  • 恩賜財団母子愛育会
    総合母子保健センター愛育病院・新生児科部長
    加部一彦先生