さまざまなマークのご紹介

  • おすすめ情報

お客様にご利用いただいている商品にはさまざまなマークがついています。「これは何のマーク?」「初めて見た」など気になったことはありませんか?
今回は、明治独自のマーク、よく目にするマーク、よく見ないと気づかないマークなど、さまざまなマークをご紹介します。

明治独自のマーク

二次元コード

画像:二次元コードのサンプル

賞味期限の隣に印字しています。
工場での検査情報と紐付けされており、専用の機械で読み取ることによって、お客様からのお問い合わせに迅速・正確に対応することが可能です。

画像:二次元コードのサンプル

印刷している場所は商品により異なります。
工場では同じラインでいろいろな風味の商品を生産しているため、中身と容器を間違えないように二次元コードで管理しています。

さまざまな図形のマーク

イラスト:さまざまな図形のマーク

ヨーグルトの容器に印刷している商品があります。中身と容器を間違えないように、このマークで管理しています。

※他にも種類があります。

公のマーク

ユニバーサルデザインフードマーク

ロゴ:ユニバーサルデザインフードマーク

日本介護食品協議会が定めた規格に適合した商品だけにつけられるマークです。
「ユニバーサルデザインフード」は、「年齢や障がいのあるなしにかかわらず、普段の食事から介護食まで、できるだけ多くの人が利用できるように考えられたみんなにやさしい食品」のことです。

日本介護食品協議会会員である食品メーカーはこの規格に基づき商品を製造・販売しています。

公正マーク(飲用乳)

ロゴ:公正マーク(飲用乳)

「飲用乳の表示に関する公正競争規約」により、正しい表示がされている牛乳類につけられるマークです。
このマークがついている牛乳類であれば、全国飲用牛乳公正取引協議会の会員が、公正競争規約に基づいて正しく製造し、商品の中身について正しい表示がなされていることがわかります。

公正マークの対象品目は、種類別名称で、牛乳・特別牛乳・成分調整牛乳・低脂肪牛乳・無脂肪牛乳・加工乳・乳飲料の7種類です。

特定保健用食品マーク

ロゴ:消費者庁承認 特定保健用食品

特定保健用食品として許可された商品につけられるマークです。 「トクホ」ともよばれる特定保健用食品は、健康に対してどのような機能があるかについて、科学的根拠に基づき「有効性」「安全性」が認められ、それについて表示が許可されている食品です。下記に示すような限られた項目についてのみ許可されます。
消費者庁が個別に審査を行い、許可しています。

機能

  • 整腸
  • 骨の健康維持
  • 血中中性脂肪調節
  • コレステロール調節
  • 歯の健康維持
  • 体脂肪調節
  • 血圧調節
  • 歯ぐきの健康維持
  • 内臓脂肪調節
  • 高吸収性ミネラル
  • 血糖値調節
  • 肌の水分調節

J.I.C.A.マーク(アイスクリーム)

ロゴ:J.I.C.A. 一般社団法人日本アイスクリーム協会

「一般社団法人日本アイスクリーム協会(Japan Ice Cream Association)」のマークで、頭文字をとったものです。
(株)明治もこの協会に入っていますので、マークをつけています。「一般社団法人日本アイスクリーム協会」は、アイスクリームの普及に努めています。

認定証マーク(冷凍食品)

ロゴ:認定証 日本冷凍食品協会 認定工場製品

「冷凍食品認定制度」に適合した認定工場で製造された冷凍食品につけられるマークです。商品選択の際の信頼の目安となります。
この制度は一般社団法人日本冷凍食品協会が運営しており、高度な品質・衛生管理体制で商品づくりを行っていることを証明しています。

その他のマーク

粉ミルク缶のNマーク

画像:粉ミルク缶のNマーク

赤、青、黄の3種類あります。缶の印刷会社の違いを表しています。
かなり小さいため探しても見つからないかもしれません。

いかがでしたか?
ご存じのマークやご存じないマークもあったかと思います。商品にはマークの他にも、取り扱いの注意、保存方法、キャンペーンなどのお楽しみ情報、ちょっとしたトピックスなど、さまざまな情報が記載されております。ぜひ一度、お気に入りの商品のパッケージをじっくりご覧になってみてください。


相談センターだより 一覧へ