やさしく香ばしさが、とけていく。 明治北海道十勝カマンベール燻製

Features 商品特徴

明治北海道十勝カマンベール燻製 明治北海道十勝カマンベール燻製

手間を惜しまず追及した、まろやかでクリーミーな味わいと、やさしい燻製香の絶妙バランス。明治北海道十勝カマンベールの自信作です。
やさしく香ばしさが、とけていく。明治北海道十勝カマンベール

明治北海道十勝カマンベール燻製

明治北海道十勝カマンベールチーズを、上品なブナのチップでやさしく丁寧に燻しました。カマンベールチーズのまろやかでクリーミーな味わいと、優しい燻製香の絶妙なバランスを楽しめます。至福のおつまみとして上質な時間に味わって頂きたい一品です。

まろやか燻製製法

  • (1)上品な香りのブナのチップを使用
  • (2)低温短時間燻製(冷燻法)
  • まろやか燻製製法 特許出願中

Interview 開発者インタビュー

小島 公実子
Kumiko Kojima
株式会社 明治
商品開発研究所
発酵開発研究部 発酵開発2G
今回、「明治北海道十勝カマンベールチーズ燻製」の
開発に至った経緯を教えてください。
カマンベールカテゴリーでのシェアNo.1獲得達成に向け、商品群の強化を目的として、2011年に新商品開発を開始しました。単なるフレーバー展開ではなく、「ホールタイプ・切れてるタイプ・ブラックペッパー入りに次ぐ、第4のカマンベールを創造する!」ことを目標に、検討を重ねた結果、燻製に辿り着きました。
カマンベールチーズと燻製の組み合わせに着目したのは
どういったきっかけ・理由があったのですか?
カマンベールの表皮(白カビ)に風味付けすることで、独特のクセを緩和でき、より食べやすくなるのではとの考えから検討しました。くん液(スモークフレーバー)を添加して味付けする方法も検討しましたが、風味や見た目(色づき)の観点から、本物の燻製にこだわりました。
カマンベールチーズ燻製を開発する過程で、
様々な課題や苦労があったかと思いますが、
どのようにして実現したのでしょうか?
燻製条件(温度、時間、燻煙の濃さ、煙の動き等)や、燻製に使用するウッドチップの条件(樹種など)を工夫しました。本商品は、賞味期限や製造ラインの制約上、熟成途中で燻製する必要があります。
しかし、本来燻製は食品の保存技術であり、通常の条件ではカマンベールの白カビが殺菌されてしまい、熟成がうまくいきません(燻製が強すぎて白カビが弱り、表皮が破れて中身が流れ出てしまうといったトラブルもありました)。試行錯誤を重ね、白カビにできるだけダメージを与えない条件を見出したことで、十勝カマンベール本来のまろやかさと燻製の香ばしさの両立を実現しました。
最後に、商品への思いを教えてください。
たくさんの関係者の力を合わせて、本商品を発売することができました。一人でも多くのお客様に、十勝カマンベールチーズ燻製の新しいおいしさを味わっていただけるとうれしいです。

Pairing カマンベール×燻製で出来た究極のおつまみチーズ

Whisky
  • 「ウイスキー」と一緒に愉しむ 「ウイスキー」と一緒に愉しむ

    燻製チーズのアテにはウイスキーが鉄板です。スモーキーな香りと樽熟成されたウイスキーは、間違いなく相性が抜群。味わいのしっかりしたウイスキーをストレートやロック、水割りなどどの飲み方でもよく合います。
  • こんなウイスキーがおすすめ
  • おすすめのウイスキー おすすめのウイスキー

    樽熟成の香ばしい香りや、味わい深いウイスキーをお薦めします。
  • 監修:大越智華子さん(FBO公認講師、唎酒師、ワインソムリエ、ビアアドバイザー)
Beer
  • 「ビール」と一緒に愉しむ 「ビール」と一緒に愉しむ

    燻製香のあるクリーミーなカマンベールには、円やかな旨みあるビールと合わせます。お互いの相乗効果で口のなかで、ビールを飲んだ後でもチーズの余韻が残ります。コクのあるエールタイプがお薦めです。
  • こんなビールがおすすめ
  • おすすめのビール おすすめのビール

    華やかな香りと味わいあるエールタイプビールをお薦めします。
  • 監修:大越智華子さん(FBO公認講師、唎酒師、ワインソムリエ、ビアアドバイザー)
Wine
  • 「ワイン」と一緒に愉しむ 「ワイン」と一緒に愉しむ

    穏やかな燻製香を持つクリーミーな味わいのチーズには、渋味の少ない赤ワインをお薦めします。カマンベールの滑らかさとワインのほどよいコクがマリアージュされて、余韻とともに長く楽しめます。
  • こんなワインがおすすめ
  • おすすめのワイン おすすめのワイン

    渋味が強すぎない、ミディアムボディの赤ワインと相性がよいです。
  • 監修:大越智華子さん(FBO公認講師、唎酒師、ワインソムリエ、ビアアドバイザー)