企業情報 > プレスリリース

プレスリリース

企業情報

  • ごあいさつ
  • 明治グループ理念体系
  • 会社情報
  • 会社情報
    • 会社概要
    • 本社アクセスマップ
    • 役員一覧
    • 事業所紹介
    • グループ会社紹介
    • 沿革
    • 電子公告
  • 事業案内
  • 事業案内
    • 発酵デイリー
    • 加工食品
    • 菓子
    • 栄養
    • 海外

プレスリリース

プレスリリース

研究開発

CSR活動

CSR活動

品質への取り組み

明治ホールディングス

  • IR/投資家情報
  • 経営計画
  • 2020中期経営計画
  • 採用情報

Meiji Seika ファルマ株式会社「Meiji Seika ファルマについて」

PDFをご覧いただくにあたって

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader のプラグイン(無償)が必要となります。 ダウンロードしてご覧ください。

Get ADOBE READER

おいしくゆったり低糖質♪
「明治ロカボーノ カフェラテ/フルーツラテ」
「明治ロカボーノ カスタードプリン」
新発売


2017/05/24

株式会社 明治(代表取締役社長:川村 和夫)は、おいしくゆったり楽しめる低糖質シリ―ズとして、「明治ロカボーノ カフェラテ」と「明治ロカボーノ カスタードプリン」(関東甲信越地区)を2017年6月6日から、「明治ロカボーノ フルーツラテ」を6月13日から、発売いたします。

“ロカボ”とは、一般社団法人 食・楽・健康協会が提唱する「おいしく楽しく適正糖質」をモットーとする、ゆるやかに糖質を制限する考えです。本シリーズは、“ロカボ”の考え方に基づいた低糖質とおいしさを両立した商品です。

「明治ロカボーノ カフェラテ」「同 フルーツラテ」は、1本あたり糖質9.9g、「同 カスタードプリン」は、1個あたり糖質4.8gで、糖質が気になる方にオススメです。リキャップできる広口タイプの飲料2品は、ミルクのこだわりで、低糖質ながらおいしさをたっぷりとした容量でお楽しみいただけます。また、「カスタードプリン」は、低糖質ながらも、カスタードプリンらしいなめらかな口どけのおいしさに仕立てています。

本シリーズの発売を通じて、新たな顧客の獲得と売り上げの拡大を図ってまいります。

※飲料2.5g未満(100ml当たり)、食品5g未満(100g当たり)を低糖質として表示しています。


商品概要

商品名
明治ロカボーノ カフェラテ
希望小売価格
160円(税別)
内容量
430ml
種類別名称
乳飲料
成分組成
無脂乳固形分:4.0%
乳脂肪分:1.4%
植物性脂肪分:0.5%
発売日・発売地区
2017年6月6日 全国
特長
  • 低糖質ながら、まろやかなミルク感と、やさしいコーヒーの香りとコクがお楽しみいただけます。
  • 1本当たり、糖質9.9gです。
栄養成分(100ml当たり)
エネルギー 37kcal、たんぱく質 2.2g、脂質 2.0g、
炭水化物 2.6g(糖質 2.3g、食物繊維 0.1−0.5g)、
食塩相当量 0.081g
明治ロカボーノ カフェラテ


商品名
明治ロカボーノ フルーツラテ
希望小売価格
160円(税別)
内容量
430ml
種類別名称
清涼飲料水
発売日・発売地区
2017年6月13日 全国
特長
  • 低糖質ながら、まろやかなミルク感と、爽やかなフルーツの味わいがお楽しみいただけます。
  • 1本当たり、糖質9.9gです。
栄養成分(100ml当たり)
エネルギー 21kcal、たんぱく質 1.6g、脂質 0.4g、
炭水化物 3.9g(糖質 2.3g、食物繊維 1.6g)、
食塩相当量 0.14g
明治ロカボーノ フルーツラテ


商品名
明治ロカボーノ カスタードプリン
希望小売価格
140円(税別)
内容量
180g
種類別名称
生菓子
発売日・発売地区
2017年6月6日 関東甲信越地区
特長
  • 低糖質ながら、カスタードプリンらしいなめらかな口どけがお楽しみいただけます。
  • 1個当たり、糖質4.8gです。
栄養成分(180g当たり)
エネルギー 156kcal、たんぱく質 2.0g、脂質 10.2g、
炭水化物 31.4g(糖質 2.3−4.8g、食物繊維 27.7g)、
食塩相当量 0.19g
明治ロカボーノ カスタードプリン


特長
  • おいしくゆったり、罪悪感なくお楽しみいただける、低糖質商品です。
ターゲット
甘いものでくつろぎたいけれども、糖質を気にしている方

ご参考

■ゆるやかな糖質制限“ロカボ”とは・・・

糖質とは、三大栄養素のひとつである炭水化物に含まれており、人体のエネルギー源となる重要な物質です。穀物、イモ類、砂糖などに多く含まれています。しかしながら、糖質の摂り過ぎは急な血糖上昇や、エネルギー過多に結びついてしまうため、近年“糖質制限”という考え方が話題になってきています。一般社団法人 食・楽・健康協会が提唱する“ロカボ”は、「おいしく楽しく適正糖質」をモットーとする、ゆるやかに糖質を制限する考えです。適正糖質量、1食20〜40g、間食1日10gを推奨しており、楽しく続けたくなる、無理なく日常生活に取り入れられる糖質制限を提案しています。

※一般社団法人 食・楽・健康協会(http://www.shokuraku.or.jp/about.html)とは…
科学的根拠に基づいて、「おいしく、楽しく食べて、健康に」を現実化していく協会です。