【賞味期限】キャップの表記は賞味期限ですか?消費期限ですか?

表示は賞味期限となっております。
ラベルの読み方の詳細はこちら

【成分・甘味料】「R-1」はどんな成分が入っているの?

各原材料・成分詳細については、本サイト「商品ラインナップ」をご参照ください。

【成分・甘味料】「砂糖ゼロ」は「砂糖ゼロ」なのに、なんで甘味料が入っているの?

より食べやすくなるように甘味料を加えております。

【子ども】何歳くらいから「R-1」を食べていいの?

プロビオヨーグルトR-1のように砂糖などで甘みをつけたヨーグルトは、3回のお食事が安定したお子様(1歳〜1歳半頃)からおすすめいたします。お食事に影響のないように、バランスをみながら量を加減してください。なお、一般的な甘さをつけていないプレーンヨーグルトは、7〜8ヵ月頃から始めていただけます。

【食べ方】温めたり、冷凍してもいいの?

<温めることについて>

ヨーグルトは温めていただいてもかまいません。
人肌程度までであれば乳酸菌の働きに影響はありませんので、温めたらすぐに食べて(飲んで)ください。
※25〜40℃の温度帯に長時間置かれると乳酸菌の活性が高まるため、酸味が強くなります。
※加熱し過ぎると分離がおこり、60℃を越えると乳酸菌が死滅していきます。

<冷凍について>

ご家庭でヨーグルトを冷凍保存することは、おすすめしていません。ヨーグルトは、冷凍保存して解凍すると分離がおこり、水分(ホエイたんぱく質)が多量に出て、ヨーグルト本来のなめらかさが失われます。食感も悪くなり、風味が損なわれてしまいます。また、液状になる場合があります。ヨーグルトは冷蔵保存が適していますので、正しい温度帯で保存の上、開封後は期限にかかわらずお早めにお召し上がりください。

【食べ方】ヨーグルトの水(ホエイ)は飲んでもいいの?

開封時にヨーグルトの表面に出てくる水分は、ホエー(乳清)と呼ばれるもので、ヨーグルトの成分の一部です。水溶性のたんぱく質、ミネラル、ビタミンなどの栄養分が含まれているので、捨てずに安心してお召し上がりください。この水分は、振動などによりカード(固まり)が収縮し、中に含まれているホエーが出てきたものです。また、ヨーグルトをすくった時に、断面から水分が出てくることがあります。これはカード(固まり)がくずれたことで、中に含まれているホエーが出てきたものです。その他に、保存期間が長くなると日ごとに水分が出やすくなることもあります。

【容器の捨て方】容器にラベルとキャップを付けたまま捨ててもいいの?

ラベルとキャップはプラスチックですが、容器はペットボトルなので、分けて処分していただくことをお願いしております。
※詳しくは、お住いの市区町村でのごみ出しルールをご確認ください。

【その他】プロビオヨーグルトのプロビオとはどのような意味ですか?

プロビオとはプロバイオティクス(Probiotics)から考えた造語です。
プロバイオティクスは「ヒトや動物に投与した際、健康に好影響を与える生きた微生物あるいは生きた微生物を含む食品、菌体成分」と定義されており、抗生物質(アンティバイオティクス)の対比語として、ヨーロッパでも健康志向の食品に使われている新しい概念です。